• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > 第1部「スポンサー選定手続の妥当性」(下)

ここから本文です。

第1部「スポンサー選定手続の妥当性」(下)

講演録

著者等

三上二郎(講演録)

書籍名・掲載誌

NBL 2016年11月15日号(No.1086)

出版社

商事法務

備考

2016年3月28日に開催された「2015年度 東京三弁護士会倒産法部合同シンポジウム 倒産とM&A」の講演録

業務分野

M&A/企業再編事業再生・倒産

詳細

講演についてはこちらをご覧ください。

三上二郎の最近の著書・論文

2019年11月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2017年12月

書籍

『日本のLBOファイナンス』(共著)

金融財政事情研究会

2016年11月

講演録

第1部「スポンサー選定手続の妥当性」(上)(講演録)

NBL 2016年11月1日号(No.1085)

2016年5月

書籍

Acquisition finance in Japan: overview(共著)

Practical Law - A Thomson Reuters Legal Solution

2016年2月

書籍

『ニューホライズン 事業再生と金融』(共著)

商事法務

M&A/企業再編に関する最近の著書・論文

2020年5月

ニュースレター

新M&A指針公表後の実務動向

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第1号(2020年5月)

玉井裕子田子弘史(共著)

2020年5月

論文

企業買収実務研究会報告 倒産局面でのスポンサー選定における再生債務者等の行為規範(上)(下) ――DESの擬制を通じた平常時のM&A取引との比較の観点から――

金融・商事判例 2020年5月1日号(No.1590) 金融・商事判例 2020年5月15日号(No.1591)

三笘裕鐘ヶ江洋祐殿村桂司大川友宏金田聡(共著)

2020年4月

その他

米国:新型コロナウイルスパンデミック状況下のポイズンピルの導入

国際商事法研究所ウェブサイト内 国際ビジネス法エグゼクティヴ・サマリー

田村優

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2020年6月

論文

破産債権確定手続と外国訴訟手続および仲裁手続の交錯 ―国際化時代の破産式確定―

金融法務事情 2020年6月25日号(No.2140)

伊藤眞

2020年6月

書籍

『条解 破産法 <第3版> 』

弘文堂

伊藤眞(共著)

2020年6月

論文

緊急事態宣言解除後における中小企業・大企業の事業及び取引関係維持に関する横断的検討 ―事業再生実務家の視点から―

NBL 2020年6月1日号(No.1171)

大川剛平(共著)