• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入

ここから本文です。

平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入

ニュースレター

著者等

門田正行新木伸一(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2017年3月17日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成29年3月3日付けで、金融商品取引法の改正法案(以下「法案」)が国会に提出された。法案では、上場株券の発行者等が未公表の重要情報を投資家等に提供する場合に、当該情報が他の投資家にも提供されることを確保するルール(以下「フェア・ディスクロージャー・ルール」または「本ルール」)の新設が盛り込まれている。本ルールの詳細は、政令および内閣府令案が公表されるのを待つ必要があるが、上場会社および上場投資法人の実務に少なからぬ影響があると予想される。

全文を読む(外部サイト、PDF:865KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

門田正行の最近の著書・論文

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2016年1月

書籍

『アドバンス 会社法』(執筆担当)

商事法務

2015年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2015 Japan(共著)

2014年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2014 Japan(共著)

2014年2月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第2版』

商事法務

新木伸一の最近の著書・論文

2019年10月

ニュースレター

本邦初の子会社株式の現物配当によるスピンオフ上場案件(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第49号(2019年10月)

2019年9月

論文

取締役の報酬決定方式をめぐる近時の動向 ――代表取締役への「再一任」を中心に(共著)

ビジネス法務 2019年11月号(Vol.19 No.11)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年5月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Securities Finance 2019 Japan(共著)

2019年3月

ニュースレター

役員報酬のアップデート((1)経産省手引き改訂、(2)平成31年度税制改正、(3)開示府令改正、(4)会社法改正要綱案)(共著)

NO&T Client Alert(2019年3月11日号)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2019年12月

その他

Does Interest Rate Restriction Act apply to corporate bonds?

International Law Officeオンラインニュースレター「Capital Markets―Japan」

月岡崇

2019年11月

論文

ソーシャルレンディングにも適用、二種業協会の自主規制の概要

週刊金融財政事情 2019年11月11日(No.3331)

酒井敦史

2019年11月

書籍

『債権法改正と実務上の課題』

有斐閣

井上聡(共著)