• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 最高裁平成28年10月18日判決と弁護士会照会をめぐる金融機関の対応について

ここから本文です。

最高裁平成28年10月18日判決と弁護士会照会をめぐる金融機関の対応について

ニュースレター

著者等

水野大大橋史明(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第44号(2017年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス民事・商事争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成28年10月18日、最高裁判所は、弁護士法第23条の2第2項に基づく照会(以下「弁護士会照会」という)の報告を拒否された弁護士会が、照会先に対して不法行為に基づき損害賠償を求めた事案において、弁護士会照会に対する報告を受けることについて弁護士会が法律上保護される利益を有するものではないことを理由に、弁護士会の請求を棄却した(以下「本判決」という)。

全文を読む(外部サイト、PDF:575KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

水野大の最近の著書・論文

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

ニュースレター

LIBOR公表停止への備え ―市中協議文書の公表を機に―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第48号(2019年7月)

2019年2月

論文

分散台帳技術を用いた証券取引(共著)

ジュリスト 2019年3月号(No.1529)

2017年10月

ニュースレター

金融機関による権限確認の実務(東京高判平成28年8月31日を踏まえて)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第46号(2017年10月)

2017年4月

ニュースレター

預貯金債権の相続に関する最高裁大法廷決定と金融機関実務への影響について(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第43号(2017年4月)

大橋史明の最近の著書・論文

2019年8月

論文

Amendment to the act on prevention of transfer of criminal proceeds

International Financial Law Review 2019年8月/9月号 International Briefings: Japan

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)

2019年12月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―金融審議会の報告の内容―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第51号(2019年12月)

酒井敦史井上翔太郎(共著)

2019年12月

論文

バイアウト・ファンドの組成に関する論点 ~ストラクチャー上の法務および税務の論点を中心に~

日本バイアウト市場年鑑―2019年上半期版―

清水啓子吉村浩一郎石川晃啓(共著)

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2020年2月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Litigation & Dispute Resolution 2020 第22章「Japan」

柳澤宏輝海老沢宏行(共著)

2020年1月

ニュースレター

中国における司法のIT化:インターネット裁判所

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第82号(2020年1月)

川合正倫

2019年12月

書籍

『許可抗告事件の実情 平成10~29年度』

判例時報社

伊藤眞(共著)