• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > Getting the Deal Through - Securities Litigation 2018 Japan

ここから本文です。

Getting the Deal Through - Securities Litigation 2018 Japan

論文

著者等

池田順一伊藤昌夫(共著)

出版社

Law Business Research Ltd

業務分野

民事・商事争訟

詳細

論文を読む(PDF:936KB)

Reproduced with permission from Law Business Research Ltd. This article was first published in Getting the Deal Through: Securities Litigation 2018, (published in February 2018; contributing editors: Anthony Ryan, Cravath, Swaine & Moore LLP and Philippe Z Selendy, Selendy & Gay). For further information please visit www.GettingTheDealThrough.com.

池田順一の最近の著書・論文

2019年11月

論文

海外市場における製品の安全及びコンプライアンスの動向と市場対応上の留意点(共著)

JMCジャーナル 2019年11月号

2019年8月

その他

Radio Act amended to promote innovation using foreign WiFi and Bluetooth devices(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「Product Regulation & Liability―Japan」

2019年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Product Liability and Safety 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2019年4月

その他

Recharacterisation of product risks

International Law Officeオンラインニュースレター「Product Regulation & Liability―Japan」

2019年3月

論文

Product Liability: Warnings, Instructions, and Recalls: Japan(共著)

Product Liability Defenses: Warnings, Instructions and Recalls

伊藤昌夫の最近の著書・論文

2020年3月

論文

<緊急連載>新型コロナウイルス感染症への法務対応(3)株主総会[2]―決算・監査

旬刊商事法務 2020年3月15日号(No.2225)

2018年3月

書籍

『不適切会計対応の実務――予防・発見・事後対応』(共著)

商事法務

2016年3月

論文

Getting the Deal Through - Securities Litigation 2016 Japan(共著)

2015年3月

論文

決算・開示書類が依拠すべき法律は何か

企業会計 2015年4月号(Vol.67 No.4)

2011年4月

論文

平成23年4月以後開始事業年度に適用!過年度遡及修正に伴う実務の変更点

ビジネス法務 2011年6月号

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2020年5月

ニュースレター

基本定款における連邦裁判所管轄条項の有効性を認めたデラウェア州最高裁判決(Blue Apron事件判決)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第47号(2020年5月)

塚本宏達加藤嘉孝(共著)

2020年4月

その他

中国:中国における司法のIT化:新型コロナウイルスの感染予防期間におけるWeChat「モバイルマイクロ裁判所」

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2020年3月

その他

中国:中国における司法のIT化――新型コロナウイルス期間におけるオンライン訴訟の促進

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫