• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > FIRRMAの成立による米国外資規制の強化

ここから本文です。

FIRRMAの成立による米国外資規制の強化

ニュースレター

著者等

大久保涼逵本麻佑子(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T U.S. Law Update 第39号(2018年9月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2018年8月13日、米国では、the Foreign Investment Risk Review Modernization Act(「FIRRMA」)が成立しました。FIRRMAは、国家安全保障の観点からの米国政府による対米投資の審査及び規制権限を強化するもので、対米外国投資委員会(the Committee on Foreign Investment in the United States、「CFIUS」)による対米投資の審査プロセスに変更を加えるものです。
従来、Defense Production Act of 1950において、米国大統領は米国外投資家(「外国投資家」)が米国企業を「支配」することになる取引について審査を行い、米国の国家安全保障を害するおそれがあると認める場合は取引を停止又は禁止するために適切な措置を取ることができるとされていました。CFIUSは、米国財務省をはじめとする複数の省の横断で更正される委員会で、大統領に代わって実際の審査・調査を行い、大統領に対して必要な措置についての勧告を行います。近年、中国による対米投資が増加しているところ、米国議会において、中国からの投資について、国家安全保障上の懸念があるにもかかわらず現在の規制の枠組みでは審査対象となっていないものに対して厳しく審査を行う必要があるという声が高まり、2017年11月にFIRRMAが法案として議会に提出されました。本改正のきっかけとなったのは中国による対米投資に対する懸念ですが、FIRRMAは中国に限らず全ての対米投資に適用があるものであり、日本企業による対米投資も例外ではありません。そこで、本ニュースレターでは、FIRRMAによる外資規制強化の主要な内容について解説します。

全文を読む(外部サイト、PDF:703KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T U.S. Law Updateのバックナンバー・配信登録

大久保涼の最近の著書・論文

2020年2月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第46号(2020年2月)

2020年1月

その他

「ホワイト国」日本外れる 米外資新規制の免除リスト公表 技術投資、企業に自衛迫る(コメント)

日本経済新聞「真相深層」2020年1月24日

2019年12月

インタビュー

Lawyers Guide 2020(インタビュー)

Lawyers Guide 2020 Business Law Journal 2020年2月号(No.143)別冊

2019年12月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS新規則案の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第45号(2019年12月)

2019年11月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2019 Japan - Law & Practice(共著)

逵本麻佑子の最近の著書・論文

2020年2月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第46号(2020年2月)

2019年12月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS新規則案の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第45号(2019年12月)

2019年6月

ニュースレター

FIRRMAパイロットプログラム対応の実務とCFIUSによる最近のエンフォースメント(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第44号(2019年6月)

2019年6月

その他

スプリント・Tモバ合併阻止へ提訴 米主要州の司法長官 (コメント)

日本経済新聞 2019年6月12日

2018年10月

ニュースレター

FIRRMAパイロットプログラムの施行によるCFIUSへの義務的届出制度の創設(共著)

NO&T U.S. Law Update 第40号(2018年10月)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2020年2月

ニュースレター

新型コロナウィルスに関連する契約不履行と不可抗力

NO&T Client Alert 2020年2月13日号

川合正倫

2020年2月

その他

中国100社、契約不履行の免責探る 新型肺炎受け 外国企業への影響必至

日本経済新聞朝刊 2020年2月11日

川合正倫(コメント)

2020年2月

その他

新型肺炎で事業ストップ「不可抗力証明書」で免責?

日本経済新聞電子版「法務インサイド」2020年2月9日

鹿はせる(コメント)

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2020年2月

論文

米国輸出規制と日本企業における対応実務

ビジネス法務 2020年4月号(Vol.20 No.4)

眞武慶彦湯浅諭(共著)

2020年2月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS最終規則の発表

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第46号(2020年2月)

大久保涼逵本麻佑子(共著)

2020年1月

その他

「ホワイト国」日本外れる 米外資新規制の免除リスト公表 技術投資、企業に自衛迫る

日本経済新聞「真相深層」2020年1月24日

大久保涼(コメント)