• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 次世代医療基盤法

ここから本文です。

次世代医療基盤法

ニュースレター

著者等

鈴木謙輔

書籍名・掲載誌

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第11号(2018年9月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

薬事・ヘルスケア個人情報保護・プライバシー

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
医療分野におけるデータ利活用基盤の構築に向けた取組みの一環として、「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律」(次世代医療基盤法)が2017年5月に公布され、2018年5月11日に施行された。従来から個人情報の取扱いに係る規制については個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)において定められているところ、個人情報保護法は、事業分野を問わず、広く事業者に適用されるものであり、医療分野特有の考慮要素が十分に反映されているものとは言い難い状況であった。次世代医療基盤法においては、個人情報保護法の特則も定められており、医療分野固有の個人情報保護のルールを定めたという意味において日本の法制上大きい意義を有するものといえる。
本ニュースレターでは、次世代医療基盤法の主要なポイントを紹介する。

全文を読む(外部サイト、PDF:639KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Health Care Law Updateのバックナンバー・配信登録

鈴木謙輔の最近の著書・論文

2020年3月

論文

Chambers Global Practice Guides Life Sciences 2020 Japan - Law & Practice(共著)

2019年12月

論文

投資一任業務と一種業・二種業の関係(共著)

旬刊商事法務 2019年12月15日号(No.2217)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

論文

Medicinal product regulation and product liability in Japan: overview (2019)(共著)

Life Sciences Global Guide

2019年7月

論文

集団投資スキーム持分から除外されるための全員関与要件とベンチャー投資ファンド(共著)

旬刊商事法務 2019年7月15日号(No.2204)

薬事・ヘルスケアに関する最近の著書・論文

2020年3月

論文

Chambers Global Practice Guides Life Sciences 2020 Japan - Law & Practice

内海健司鈴木謙輔(共著)

2020年1月

ニュースレター

薬機法改正の概要

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第17号(2020年1月)

小山嘉信粂内将人(共著)

2019年12月

ニュースレター

創薬系バイオベンチャー企業のIPO活性化に向けて

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第16号(2019年12月)

水越恭平宮下優一(共著)

個人情報保護・プライバシーに関する最近の著書・論文

2020年6月

その他

中国:個人情報安全規範の改正(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鈴木章史

2020年5月

書籍

『新型コロナウイルス影響下の法務対応』

中央経済社

森大樹松尾博憲池田直樹(共著)

2020年5月

その他

中国:個人情報安全規範の改正(1)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鈴木章史