• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 投資協定仲裁判断例研究(106)被申立国により身柄拘束された申立人(投資仲裁申立予定者)と弁護士との接見交通確保を命じた緊急仲裁判断例

ここから本文です。

投資協定仲裁判断例研究(106)被申立国により身柄拘束された申立人(投資仲裁申立予定者)と弁護士との接見交通確保を命じた緊急仲裁判断例

論文

著者等

井口直樹

書籍名・掲載誌

JCAジャーナル 2018年11月号(第65巻11号)

出版社

日本商事仲裁協会

キーワード

投資協定・投資協定仲裁

業務分野

国際仲裁

井口直樹の最近の著書・論文

2020年9月

論文

「不可抗力」条項再考 ―この先を考えよう(後編)―(共著)

JMCジャーナル 2020年9月号

2020年8月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Rail Transport 2021 Japan

2020年7月

論文

「不可抗力」条項再考 ―この先を考えよう(前編)―(共著)

JMCジャーナル 2020年7・8月号

2020年2月

対談・座談会録

2019年6月・7月開催「国際仲裁の決戦場『証人尋問』を乗り切るための留意点と紛争を予防するための効果的な契約ドラフティング」:セミナー概要と開催後座談会(下)(座談会)

JCAジャーナル 2020年2月号(第67巻2号)

2020年1月

対談・座談会録

2019年6月・7月開催「国際仲裁の決戦場『証人尋問』を乗り切るための留意点と紛争を予防するための効果的な契約ドラフティング」:セミナー概要と開催後座談会(上)(座談会)

JCAジャーナル 2020年1月号(第67巻1号)

投資協定・投資協定仲裁に関する最近の著書・論文

2018年7月

その他

投資関連協定に関する日本政府の取り組みと投資家対国家の仲裁の活用について聞く

週刊経団連タイムス 2018年7月26日(No.3371)

小原淳見

2013年10月

論文

投資協定仲裁判断例研究(50)金融デリバティブ商品に基づく国営企業の債務の履行を阻止する裁判所・中央銀行の措置が公正衡平待遇違反・収用補償義務違反とされた事例

JCAジャーナル 2013年10月号(第60巻10号)

井口直樹

2013年9月

論文

投資協定仲裁判断例研究(49)紛争解決条項の手続要件及び最恵国待遇条項の紛争解決条項への適用の可否(肯定)―Maffezini再考

JCAジャーナル 2013年9月号(第60巻9号)

小原淳見

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年1月

論文

Global Arbitration Review - The Guide to M&A Arbitration - Third Edition Part II (Survey of Substantive Laws) Chapter 14 Japan

青木大

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

2020年11月

ニュースレター

シンガポールからみた日本仲裁法の改正 ―仲裁廷による暫定保全措置についての考察

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

青木大