• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > ソーシャルレンディングに関する制度上の問題点を検討する

ここから本文です。

ソーシャルレンディングに関する制度上の問題点を検討する

論文

著者等

山辺紘太郎

書籍名・掲載誌

週刊金融財政事情 2019年1月21日号(No.3292)

出版社

金融財政事情研究会

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンスアセットマネジメント・ファンド危機管理・不祥事対応・コンプライアンスIT・テレコム

山辺紘太郎の最近の著書・論文

2019年1月

その他

悪質クラウドファンディングをのさばらせたのは「誰」か(コメント)

週刊金融財政事情 2019年1月7日号(No.3290)

2018年2月

論文

改正不動産特定共同事業法に係る政省令等の概要(共著)

金融法務事情 2018年02月10日号(No.2083)

2017年9月

その他

フィンテック時代の金融法制(7)ソーシャルレンディング 借り手保護と情報開示が課題(コメント)

日本経済新聞 2017年9月4日

2017年7月

書籍

『スポーツ事故対策マニュアル』(共著)

体育施設出版

2017年5月

その他

フィンテック・ベンチャーと組織内弁護士

会報誌JILA 第4号(2017年5月)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)

2019年12月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―金融審議会の報告の内容―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第51号(2019年12月)

酒井敦史井上翔太郎(共著)

2019年12月

論文

バイアウト・ファンドの組成に関する論点 ~ストラクチャー上の法務および税務の論点を中心に~

日本バイアウト市場年鑑―2019年上半期版―

清水啓子吉村浩一郎石川晃啓(共著)

アセットマネジメント・ファンドに関する最近の著書・論文

2019年12月

論文

バイアウト・ファンドの組成に関する論点 ~ストラクチャー上の法務および税務の論点を中心に~

日本バイアウト市場年鑑―2019年上半期版―

清水啓子吉村浩一郎石川晃啓(共著)

2019年11月

論文

ソーシャルレンディングにも適用、二種業協会の自主規制の概要

週刊金融財政事情 2019年11月11日(No.3331)

酒井敦史

2019年6月

書籍

『日弁連ESGガイダンスの解説とSDGs時代の実務対応』

商事法務

工藤靖(共著)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2019年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Class Actions 2020 Japan

森大樹秋山恵里(共著)

2019年11月

論文

子会社不祥事に関する親会社の初動対応 問題の把握と事実調査を中心に

Business Law Journal 2020年1月号(No.142)

垰尚義

2019年11月

論文

海外市場における製品の安全及びコンプライアンスの動向と市場対応上の留意点

JMCジャーナル 2019年11月号

池田順一田中雄土(共著)

IT・テレコムに関する最近の著書・論文

2020年1月

ニュースレター

2020年に向けて:シンガポール個人情報保護法の執行と改正の動向

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第82号(2020年1月)

長谷川良和

2020年1月

ニュースレター

中国における司法のIT化:インターネット裁判所

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第82号(2020年1月)

川合正倫

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)