• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 最新判例アンテナ 第15回 金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として,裁判所が民事訴訟法248条の類推適用により相当な額を認定することができるとした事例

ここから本文です。

最新判例アンテナ 第15回 金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として,裁判所が民事訴訟法248条の類推適用により相当な額を認定することができるとした事例

論文

著者等

三笘裕小林雅人(共著)

書籍名・掲載誌

ビジネス法務 2019年7月号(Vol.19 No.7)

出版社

中央経済社

備考

「最新判例アンテナ」連載情報はこちら

業務分野

一般企業法務

三笘裕の最近の著書・論文

2019年7月

論文

最新判例アンテナ 第17回 上場会社の株主総会決議について持株会理事長による権限を逸脱した議決権行使を理由に取消しを認めた事例(共著)

ビジネス法務 2019年9月号(Vol.19 No.9)

2019年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Corporate Governance 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2019年6月

論文

最新判例アンテナ 第16回 詐害行為取消しによる受益者の取消債権者に対する受領済みの金員相当額の支払債務は,履行の請求を受けた時に遅滞に陥るとした事例(共著)

ビジネス法務 2019年8月号(Vol.19 No.8)

2019年4月

論文

[特集]確認事項・検討項目を押さえる会社法改正への準備【総論】要綱決定に至る経緯と実務対応の全体

ビジネス法務 2019年6月号(Vol.19 No.6)

2019年4月

論文

最新判例アンテナ 第14回 抵当権の被担保債権が免責許可決定の効力を受ける場合において,当該抵当権自体は民法167条2項所定の20年の消滅時効にかかるとした事例(共著)

ビジネス法務 2019年6月号(Vol.19 No.6)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2019年8月

論文

改正民法(債権法)への実務対応のポイント(7)融資業務 債権譲渡

monthly信用金庫 2019年8月号

松尾博憲

2019年8月

ニュースレター

外国人事業法の規制の緩和 ~グループ会社へのサービス提供~(タイ)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第77号(2019年8月)

奥村友宏

2019年8月

論文

支配株主の異動を伴う募集株式の割当て等の適用範囲

旬刊商事法務 2019年8月5・15合併号(No.2206)

黒田裕