• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 最新判例アンテナ 第15回 金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として,裁判所が民事訴訟法248条の類推適用により相当な額を認定することができるとした事例

ここから本文です。

最新判例アンテナ 第15回 金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として,裁判所が民事訴訟法248条の類推適用により相当な額を認定することができるとした事例

論文

著者等

三笘裕小林雅人(共著)

書籍名・掲載誌

ビジネス法務 2019年7月号(Vol.19 No.7)

出版社

中央経済社

備考

「最新判例アンテナ」連載情報はこちら

業務分野

一般企業法務

三笘裕の最近の著書・論文

2019年12月

論文

最新判例アンテナ 第22回 いわゆる事前警告型買収防衛策の廃止について株主提案権の対象とはならないとした事例(共著)

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2)

2019年12月

論文

要綱からの変更点を押さえる 改正に至る経緯と施行までの見通し(共著)

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2) 特集2「施行までの対応事項を見通す 会社法改正条文を読む」

2019年11月

論文

最新判例アンテナ 第21回 労働組合と使用者との間の合意により当該労働組合に所属する労働者の賃金債権が放棄されたということはできないとされた事例(共著)

ビジネス法務 2020年1月号(Vol.20 No.1)

2019年10月

論文

最新判例アンテナ 第20回 金融商品取引法(平成23年法律49号による改正前のもの)166条1項5号による取引規制の対象とされるための要件(共著)

ビジネス法務 2019年12月号(Vol.19 No.12)

2019年9月

論文

最新判例アンテナ 第19回 不正競争防止法(平成27年改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例(共著)

ビジネス法務 2019年11月号(Vol.19 No.11)

小林雅人の最近の著書・論文

2019年9月

論文

最新判例アンテナ 第19回 不正競争防止法(平成27年改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例(共著)

ビジネス法務 2019年11月号(Vol.19 No.11)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2020年1月

対談・座談会録

座談会「債権法改正元年を迎えて(上)――不動産取引の論点を中心に」

NBL 2020年1月1日号(No.1161)

松尾博憲(座談会)

2019年12月

論文

要綱からの変更点を押さえる 改正に至る経緯と施行までの見通し

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2) 特集2「施行までの対応事項を見通す 会社法改正条文を読む」

三笘裕小宮慶久(共著)

2019年12月

論文

株主総会に関する規律

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2) 特集2「施行までの対応事項を見通す 会社法改正条文を読む」

黒田裕金田聡(共著)