• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 経産省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」のポイント

ここから本文です。

経産省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」のポイント

ニュースレター

著者等

湯浅諭

書籍名・掲載誌

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第32号(2019年7月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスコーポレートガバナンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年6月28日、経済産業省は、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」(「GGSガイドライン」)を公表しました。
これまで、企業における実効的なガバナンスの実現に関しては、2015年6月に東京証券取引所が「コーポレートガバナンス・コード」(「コード」)を公表したほか、2017年3月には、経済産業省の設置するコーポレート・ガバナンス・システム研究会(「CGS研究会」)が「CGS研究会報告書-実効的なガバナンス体制の構築・運用の手引-」を策定し、これを受けて経済産業省が「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針」を公表しています。

全文を読む(外部サイト、PDF:748KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Compliance Legal Updateのバックナンバー・配信登録

湯浅諭の最近の著書・論文

2019年10月

その他

New corporate group governance guidelines(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

2018年3月

書籍

『不適切会計対応の実務――予防・発見・事後対応』(共著)

商事法務

2017年3月

論文

問題が起きてから慌てないために 不祥事対応の基本(共著)

BUSINESS TOPICS 2017年3月号(No.174)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2019年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Class Actions 2020 Japan

森大樹秋山恵里(共著)

2019年11月

論文

子会社不祥事に関する親会社の初動対応 問題の把握と事実調査を中心に

Business Law Journal 2020年1月号(No.142)

垰尚義

2019年11月

論文

海外市場における製品の安全及びコンプライアンスの動向と市場対応上の留意点

JMCジャーナル 2019年11月号

池田順一田中雄土(共著)

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2019年12月

論文

株主総会に関する規律

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2) 特集2「施行までの対応事項を見通す 会社法改正条文を読む」

黒田裕金田聡(共著)

2019年10月

ニュースレター

インサイダー取引規制の最新動向と重要論点等

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第36号(2019年10月)

垰尚義工藤靖(共著)

2019年10月

その他

New corporate group governance guidelines

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

ジョン・レイン湯浅諭(共著)