• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

ここから本文です。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

ニュースレター

著者等

鈴木明美

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert 2019年9月25日号

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

個人情報保護・プライバシー北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act of 2018、以下「CCPA」という)の施行時期が、約3ヶ月後に迫っている。CCPAは、米国における最初の包括的なデータ・プライバシーに関する制定法であり、米国におけるデータ・プライバシー実務に大きな影響を与えると予想されている。
CCPAは、2018年6月に成立した後も、多くの修正案が提出され、長らく2020年1月の施行時点の条文が確定しない状況が続いてきたが、本年9月13日をもって、修正案に関するカリフォルニア州議会の審議・採択が終了し、確定に向けて前進した。

全文を読む(外部サイト、PDF:686KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

鈴木明美の最近の著書・論文

2019年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2020 Japan(共著)

2019年8月

書籍

『こども六法』(監修)

弘文堂

2019年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Corporate Governance 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2019年5月

論文

データビジネスへの規制の潮流とM&A

M&A専門誌マール(MARR) 2019年6月号(No.296)

2018年10月

論文

Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2019 Japan(共著)

個人情報保護・プライバシーに関する最近の著書・論文

2019年10月

論文

GAFAをめぐる法規制 適切な規律へ向けた各国の立法・執行の動向 プラットフォーム事業者による個人情報の取得・利用

ビジネス法務 2019年12月号(Vol.19 No.12)

殿村桂司

2019年10月

ニュースレター

「人類遺伝資源管理条例」の施行(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第79号(2019年10月)

鹿はせる

2019年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2020 Japan

鈴木明美関口朋宏(共著)

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2019年9月

論文

米国司法省(DOJ)「企業訴追の諸原則」に関する最近の動向

信州大学経法論集 第7号

深水大輔勝伸幸(共著)

2019年8月

ニュースレター

米司法省の方針転換―反トラスト局コンプライアンス・プログラム評価指針の公表と独禁法分野におけるDPAの活用

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第34号(2019年8月)

帰山雄介深水大輔角田美咲(共著)

2019年7月

ニュースレター

日本企業に影響を及ぼす輸出規制強化の潮流

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第33号(2019年7月)

眞武慶彦