• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 特許法102条1項の解釈を示した知財高裁令和2年2月28日大合議判決の概要(速報)

ここから本文です。

特許法102条1項の解釈を示した知財高裁令和2年2月28日大合議判決の概要(速報)

ニュースレター

著者等

東崎賢治中島慧岡田紘明(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T IP Law Update ~知的財産法ニュースレター~ 第1号(2020年3月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

知財争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
知財高裁特別部(いわゆる大合議部)は、令和2年2月28日、損害額の算定方式を規定した特許法102条1項について新たな判断を示しました(知財高裁令和2年2月28日特別部判決(平成31年(ネ)第10003号)。以下「本判決」といいます。)。本判決は、特許法102条2項・3項の解釈について判示した2件の知財高裁大合議判決(知財高裁平成25年2月1日特別部判決・判時2179号36頁〔ごみ貯蔵機器事件〕、知財高裁令和元年6月7日特別部判決(平成30年(ネ)10063号)〔二酸化炭素含有粘性組成物事件〕)とともに、今後の特許権侵害訴訟の指針となるものであり、実務上重要な意義を有するものです。以下では、本判決が示した解釈の概要について解説いたします。

全文を読む(外部サイト、PDF:818KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T IP Law Updateのバックナンバー・配信登録

東崎賢治の最近の著書・論文

2020年5月

論文

用途発明における「用途」と新規性の判断及び「実施」該当性の判断――「IL-17産生の阻害」事件――

知財管理 2020年5月号(Vol.70 No.5 2020)

2019年8月

論文

事実審口頭弁論終結後の訂正審決等の確定〔シートカッター事件〕

『特許判例百選 第5版』(別冊ジュリスト No.244)

2019年7月

論文

デジタルプラットフォームの法律問題(第10回)プラットフォーム事例研究(4)――医療・薬事プラットフォームとMaaSプラットフォーム(共著)

NBL 2019年7月1日号(No.1149)

2019年7月

論文

The Legal 500: 3rd Edition Intellectual Property Comparative Guide - Japan

The In-House Lawyer ウェブサイト内

2019年3月

論文

設計図の著作物性(1)―機械〔スモーキングスタンド事件〕

『著作権判例百選 第6版』(別冊ジュリスト No.242)

中島慧の最近の著書・論文

2016年12月

論文

CAFC(連邦巡回区控訴裁判所)最新判決ウォッチング 第204回(共著)

月刊ザ・ローヤーズ 2016年12月号

2013年8月

論文

判例研究(10) テレビCM原版の著作権の帰属 ―知財高判平成24年10月25日裁判所ウェブサイト(平成24年(ネ)第10008号)―(共著)

知財研フォーラム 2013 Summer (Vol.94)

2012年5月

論文

判例研究(7) パブリシティ権の法的性質と侵害の判断基準 ―ピンク・レディー事件最高裁判決(最判平成24年2月2日)―(共著)

知財研フォーラム 2012 Spring (Vol.89)

岡田紘明の最近の著書・論文

2019年3月

ニュースレター

米国発明法(AIA)におけるOn-Sale Barの解釈 ― 米国最高裁判所Helsinn Healthcare SA v. Teva Pharmaceuticals USA事件判決の紹介(共著)

NO&T U.S. Law Update 第42号(2019年3月)

2018年5月

ニュースレター

特許侵害訴訟の裁判地(2)―TC Heartland事件以降に出された裁判例の紹介(共著)

NO&T U.S. Law Update 第37号(2018年5月)

2016年2月

論文

判例研究(20)特許法167条(平成23年改正後)が定める一事不再理効が及ぶ客観的範囲―知財高裁平成27年8月26日判決(裁判所ウェブサイト(平成26年(行ケ)第10235号審決取消請求事件))―(共著)

知財研フォーラム 2016 Winter (Vol.104)

2014年5月

論文

判例研究(13) 前訴において争われた構成要件の解釈を再び後訴において争うことの可否 ―知的財産高等裁判所平成25年12月19日判決(平成24年(ネ)第10054号 損害賠償請求控訴事件)―(共著)

知財研フォーラム 2014 Spring (Vol.97)

知財争訟に関する最近の著書・論文

2020年5月

論文

用途発明における「用途」と新規性の判断及び「実施」該当性の判断――「IL-17産生の阻害」事件――

知財管理 2020年5月号(Vol.70 No.5 2020)

東崎賢治

2020年1月

その他

「インターネットによる著作権侵害に対する民事司法」の国際比較

Law & Technology 2020年1月1日号(No.86)

松井真一

2019年11月

その他

シンガポール:紛争解決関連法制の改正動向(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

青木大