• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 中国「民法典」の制定

ここから本文です。

中国「民法典」の制定

ニュースレター

著者等

川合正倫

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第88号(2020年7月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務アジア中国

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
コロナウイルス蔓延の影響を受けて延期されて実施された第13期全国人民代表大会において2020年5月28日に民法典が可決され、2021年1月1日より施行される。中国では、これまで民事法律関係の統一的な法律は存在せず、民法典の編纂が期待されているところであった。民法典の施行に伴い、個別法規である民法通則、民法総則、物権法、契約法、担保法、権利侵害責任法、婚姻法、相続法、養子縁組法は廃止される。

全文を読む(外部サイト、PDF:1,143KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

川合正倫の最近の著書・論文

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(上)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年7月

その他

中国:最高人民法院の新型肺炎ウイルスに関する民事案件の指導意見二(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年6月

その他

中国:最高人民法院の新型肺炎ウイルスに関する民事案件の指導意見二(前編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年5月

ニュースレター

国内外における新型コロナウイルスの影響まとめ(速報・その10)(共著)

NO&T Client Alert(2020年5月28日号)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2020年8月

論文

知的財産実務の最前線(第3回)AI・データの利活用と著作権法上の「柔軟な権利制限規定」の活用

NBL 2020年8月1日号(No.1175)

殿村桂司大島日向(共著)

2020年7月

論文

新型コロナ対応で倒産・再生弁護士に求められること

金融法務事情 2020年7月25日号(No.2142)

大川剛平(共著)

2020年7月

ニュースレター

合弁事業に対する見直し・再編圧力に備える

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第2号(2020年7月)

田子弘史

アジアに関する最近の著書・論文

2020年7月

ニュースレター

米国政府によるHUAWEI製品等の排除~国防権限法889条の施行~

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第50号(2020年7月)

塚本宏達大久保涼下村祐光(共著)

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(上)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

中国に関する最近の著書・論文

2020年7月

ニュースレター

米国政府によるHUAWEI製品等の排除~国防権限法889条の施行~

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第50号(2020年7月)

塚本宏達大久保涼下村祐光(共著)

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(上)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫