• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2011年の著書・論文 > 賃貸借契約の更新時に更新料を支払う旨の特約を原則として有効と判断した最高裁判例について

ここから本文です。

賃貸借契約の更新時に更新料を支払う旨の特約を原則として有効と判断した最高裁判例について

論文

著者等

井上博登下田祥史(共著)

書籍名・掲載誌

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.03(September-October 2011)

出版社

不動産証券化協会

業務分野

不動産取引

詳細

論文を読む(PDF:1,372KB)

井上博登の最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

民法改正の不動産売買実務への影響(共著)

NO&T Client Alert(2020年3月16日号)

2019年12月

ニュースレター

民法改正の賃貸借実務への影響(共著)

NO&T Client Alert(2019年12月20日号)

2019年1月

論文

Getting the Deal Through - Real Estate 2019 Japan(共著)

2018年6月

論文

不動産関連業務における商標権

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.43(May-June 2018)

2017年12月

論文

Getting the Deal Through - Real Estate 2018 Japan(共著)

下田祥史の最近の著書・論文

2017年12月

書籍

『日本のLBOファイナンス』(共著)

金融財政事情研究会

2016年2月

書籍

『ニューホライズン 事業再生と金融』(共著)

商事法務

不動産取引に関する最近の著書・論文

2020年8月

論文

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.56(July-August 2020)

洞口信一郎宮城栄司石井康弘(共著)

2020年7月

ニュースレター

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立

NO&T Client Alert(2020年7月29日号)

洞口信一郎宮城栄司石井康弘(共著)

2020年5月

論文

Trends in the amendment of collateral legislation

International Financial Law Review ウェブサイト内 Spring 2020 International Briefings: Japan

島田潤也