• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 弁護士等紹介 > 顧問 > 大武和夫

ここから本文です。

顧問

大武和夫Kazuo Ohtake

大武和夫

弁護士登録

第一東京弁護士会:1978年登録(30期)

言語

日本語、英語

連絡先

この弁護士に問い合わせる

電話番号 : 03-6889-7116
ファックス : 03-6889-8116

主な取扱分野

一般企業法務知財関連取引知財争訟メディア・エンタテインメント・スポーツ海外紛争(争訟)対応民事・商事争訟 、ホスピタリティ・インダストリー、フランチャイズ

プロフィール

1976年東京大学法学部卒業。1983年Harvard Law SchoolにてLL.M.取得。その後1983年から1984年までニューヨークのPaul, Weiss, Riflind, Wharton & Garrison法律事務所に、また1984年から1985年までロンドンのFreshfields法律事務所(名称は当時)に、いずれも研修生として勤務。2010年から3年間、東京大学大学院法学政治学研究科教授を務めた。第一東京弁護士会会員。

企業法務全般を扱うが、近年特に知的財産権に注力しており、当事務所の知的財産プラクティスグループ(Intellectual Property Practice Group)の創設メンバーである。

学歴・職歴

1976年

東京大学法学部卒業

1978年

長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)入所

1983年

Harvard Law School卒業(LL.M.)

1983年~1984年

Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLP(New York)勤務

1984年~1985年

Freshfields(現 Freshfields Bruckhaus Delinger LLP)(London)勤務

1986年~2016年

長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)パートナー

2010年~2013年3月

東京大学大学院法学政治学研究科教授

2011年3月

University of Michigan Law School客員教授

2012年3月

Columbia Law School客員教授

2016年~

長島・大野・常松法律事務所顧問

講演・セミナー

2019年11月15日

外部セミナー

著作権法における保護期間とは? ~もう一度確認したい、基本事項の総復習~

2018年11月30日

外部セミナー

教育利用をめぐる権利制限規定 ~2018年著作権法改正をふまえて~

2017年11月10日

外部セミナー

〈Q&A〉著作権法における演奏とは? ~演奏権の基本とその実際~

2016年11月11日

外部セミナー

〈Q&A〉著作権法における改変・二次的著作物とは?~法律と実務の狭間で~
〈ケーススタディ〉どこからが改変?誰が著作者?~改変・二次創作・人工知能~

2015年11月13日

外部セミナー

教育現場等での著作物の複製~『著作権法第35 条ガイドライン』をめぐって~

2014年11月28日

外部セミナー

図書館と著作

2013年11月15日

外部セミナー

もう一度確かめたい、出版権 ~電子出版に取り組む前に~

2013年2月23日

外部セミナー

法曹の使命と職業倫理―法曹養成・研修における法曹倫理教育の新展開

2012年11月16日

外部セミナー

よくわかる著作隣接権

2012年3月11日

外部セミナー

弁護士人口の増加と職業倫理

2011年11月25日

外部セミナー

楽譜配信と著作権

2010年11月12日

外部セミナー

著作者人格権

2009年11月13日

外部セミナー

ネット時代に揺れる「制限規定」

2008年1月18日

外部セミナー

日本における知的財産権侵害行為の刑事処罰制度・関連裁判例の紹介

2007年11月22日

外部セミナー

楽譜コピーとどう向き合うか

2007年11月1日

外部セミナー

Chinese, Korean and Japanese approach to IP issues in Case Study
Chinese, Korean and Japanese enforcement procedures for US and domestic judgments, including strategy for enforcement issues

2007年2月7日

NO&Tセミナー

欧米の知的財産法 ケーススタディーに基づくセミナー

2006年11月24日

外部セミナー

著作権研修会

2006年9月26日

外部セミナー

商品形態及び商号の保護―不正競争防止法による

2004年11月25日

外部セミナー

「引用」を考える

2003年11月28日

外部セミナー

契約概説

2003年10月31日

外部セミナー

最近の日本における知財案件裁判実務について

2003年10月27日

外部セミナー

日本の法曹養成制度、司法制度、司法文化等について

2002年11月22日

外部セミナー

著作権の侵害とは

著書・論文

2012年12月

論文

弁護士広告規制と表現の自由

『アメリカ法判例百選』(別冊ジュリスト No.213)

2009年12月

書籍

『弁護士倫理の理論と実務 事例で考える弁護士職務基本規程』(共編著)

日本加除出版

2007年11月

論文

商品等表示の主体であるグループの分裂

中山信弘・大渕哲也・茶園成樹・田村善之編 『商標・意匠・不正競争判例百選』(別冊ジュリスト No.188)

2007年4月

論文

著作隣接権に関する知財高裁の二つの決定 Two IPHC Decisions on the Infringement of Neighbouring Rights

The Asialaw Japan Review 2007年4月号(Volume 2 Issue 4)

2006年7月

論文

The IP High Court one year on

Managing Intellecual Property, Japan Focus 2006 (2006年7・8月号)

2002年1月

インタビュー

知財管理戦略と弁護士事務所〔第2回〕(インタビュー)

Law & Technology 2002年1月1日号(No.14)

1998年3月

書籍

『音楽ビジネス入門:レコード契約・出版契約のしくみ 』

東亜音楽出版(訳書)

1992年1月

論文

"International Corporate Procedures" Jordans Ltd

トピックス

2019年9月27日

受賞等

Who's Who Legal: Japan 2019において高い評価を得ました。

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2018年11月26日

受賞等

Who's Who Legal: Japan 2018において高い評価を得ました。

2017年10月26日

受賞等

Who's Who Legal: Japan 2017において高い評価を得ました。

2015年11月16日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2016において高い評価を得ました。

2014年10月30日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2015において高い評価を得ました。

2014年10月1日

受賞等

Asialaw Profiles 2015において高い評価を得ました。

2013年11月7日

受賞等

The Asia Pacific Legal 500 2014において高い評価を得ました。

2013年11月7日

受賞等

Asialaw Profiles 2014において高い評価を得ました。

2012年11月19日

受賞等

The Asia Pacific Legal 500 2013において高い評価を得ました。