• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

アソシエイト

鍋島智彦Tomohiko Nabeshima

鍋島智彦

弁護士登録

第一東京弁護士会:2009年登録、2015年再登録(62期)

言語

日本語、英語

学歴・職歴

2003年

立教大学法学部卒業

2003年~2008年

パナソニック株式会社勤務

2009年

長島・大野・常松法律事務所入所

2015年

University of Washington School of Law卒業(LL.M.)

2018年~

立教大学大学院法務研究科非常勤講師

講演・セミナー

2019年7月16日

外部セミナー

米国訴訟のディスカバリにおける文書等提出の実務 ~文書等の保全から提出までの具体的な実務対応を総ざらい~

2018年10月23日

外部セミナー

最近の米国PL訴訟における文書開示の実務とそれを踏まえた留意点

2018年6月15日

外部セミナー

米国訴訟のディスカバリにおける文書等提出の実務 ~文書等の保全から提出までの具体的な実務対応を総ざらい~

著書・論文

2018年11月

書籍

『弁護士による宇宙ビジネスガイド』(共著)

同文舘出版

2016年8月

論文

クロスボーダー紛争における文書開示手続をめぐる実務上の留意点(共著)

月刊ザ・ローヤーズ 2016年8月号

2014年8月

論文

判例研究(14) 歌手名・音楽グループ名の商標登録をめぐる状況 ―知財高裁平成25年12月17日判決(平成25年(行ケ)第10158号)(LADY GAGA事件)を題材に―(共著)

知財研フォーラム 2014 Summer (Vol.98)