• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

アソシエイト (ニューヨーク・オフィス)

岡田紘明Hiroaki Okada

岡田紘明

弁護士登録

米国ニューヨーク州:2018年登録
第一東京弁護士会:2011年登録(64期)

言語

日本語、英語

連絡先

この弁護士に問い合わせる

主な取扱分野

北米・中南米

学歴・職歴

2005年

京都大学工学部卒業

2007年

京都大学大学院情報学研究科修了(情報学修士)

2010年

京都大学法科大学院修了

2011年

長島・大野・常松法律事務所入所

2017年

Duke University School of Law卒業(LL.M.)

2017年~

長島・大野・常松法律事務所ニューヨーク・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP)勤務

講演・セミナー

2018年9月25日

NO&Tセミナー

【NO&T Legal Webinar配信中(2018年12月25日(火))まで】
第5回 M&Aにかかる株主訴訟・差止請求と取締役の義務~最新の裁判例・事例を踏まえて

著書・論文

2018年5月

ニュースレター

特許侵害訴訟の裁判地(2)―TC Heartland事件以降に出された裁判例の紹介(共著)

NO&T U.S. Law Update 第37号(2018年5月)

2016年2月

論文

判例研究(20)特許法167条(平成23年改正後)が定める一事不再理効が及ぶ客観的範囲―知財高裁平成27年8月26日判決(裁判所ウェブサイト(平成26年(行ケ)第10235号審決取消請求事件))―(共著)

知財研フォーラム 2016 Winter (Vol.104)

2014年5月

論文

判例研究(13) 前訴において争われた構成要件の解釈を再び後訴において争うことの可否 ―知的財産高等裁判所平成25年12月19日判決(平成24年(ネ)第10054号 損害賠償請求控訴事件)―(共著)

知財研フォーラム 2014 Spring (Vol.97)