• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > ファイナンス > 証券化・ストラクチャードファイナンス・信託

ここから本文です。

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託

当事務所は日本の証券化市場におけるパイオニア的存在として証券化の仕事を手がけ、数々のエポックメーキングな案件に携わり、証券化の発展のために主要な役割を果たしてきました。

当事務所が関与する証券化の対象資産は、貸付債権、売掛債権、リース債権、クレジット債権、オートローン債権、住宅ローン債権、診療報酬債権、不良債権等、不動産、動産、有価証券、知的財産権等、多岐に及んでいます。

また、ストラクチャーに関しても、伝統的な証券化・流動化の手法を用いたものに加え、通信事業をはじめとする事業証券化、CMBS(Commercial Mortgage Backed Securities)、CDO(Collateralized Debt Obligation) 、金融機関の自己資本規制に関連するBISファイナンス、その他デリバティブを組み合わせた案件等も広範に網羅しており、国内にとどまらず、クロスボーダー取引においても数多くの実績を誇っています。

アレンジャー、オリジネーター、受託者(信託銀行)、SPC、流動性補完者(金融機関)、格付機関、投資家等、多方面の依頼者のために、ストラクチャー構築、リスク分析、SPCや信託の設立、各種契約書等の作成、契約交渉、関連法令調査、意見書作成等、証券化について一貫した高度な専門的アドバイスを行っています。

関連するニュースレター:Finance Law Update ~金融かわら版~

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2019年8月26日

外部セミナー

自己資本比率規制における証券化商品の取扱いの見直し
―リスク・リテンション規制、STC証券化商品など―

吉良宣哉

2019年1月11日

外部セミナー

顧客本位の業務運営に関する最新の議論
~新体制下の当局の意向を踏まえた対応のあり方~

藤井豪

2018年11月21日

外部セミナー

顧客本位の業務運営に関する国内外の金融機関の取組と金融庁の新方針 ―組織再編後の金融規制の行方を踏まえて―

藤井豪

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2019年7月

ニュースレター

LIBOR公表停止への備え ―市中協議文書の公表を機に―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第48号(2019年7月)

水野大

2019年5月

論文

証券化商品の資本賦課枠組みを見直す改正告示

週刊金融財政事情 2019年5月13日号(No.3307)

吉良宣哉(共著)

2019年4月

論文

債権法改正対応における留意点

地銀協月報 2019年4月号(第706号)

井上聡

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2019年2月15日

受賞等

Chambers Global 2019において高い評価を得ました。

2019年1月17日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2019において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧