• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 紛争解決 > 海外紛争(争訟)対応

ここから本文です。

海外紛争(争訟)対応

日本企業の事業活動が国境を越え、海外にも及ぶようになって久しいですが、当事務所は、長年にわたり、海外でビジネスを展開している日本企業のために、諸外国で生じた訴訟を含む紛争案件を解決に導くためのサポートを行ってきました。

法制度、裁判制度の異なる諸外国において、自らの望むような訴訟戦略を立案し、また自らの望むような解決を実現することは容易ではありません。当事務所には、米国、英国、中国を含め、海外に留学し、また、海外の法律事務所に勤務した経験を有する多数の弁護士が所属しています。当事務所の弁護士は、海外訴訟に関する自らの、そして事務所内で共有された知見、経験を活かし、また、当事務所の海外オフィスというリソースを活用することで、訴訟を含めた海外における紛争の解決に日々取り組んでいます。

さらに、当事務所は、関係諸国のリーディングファームと緊密に連携し、それらを適切にコントロールしながら、諸外国で発生した訴訟・紛争案件を、日本の企業の立場に立って主導的に解決できる体制を整えており、そのような体制は類を見ないものと自負しています。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2020年9月18日

外部セミナー

日本機械輸出組合(JMC):国際契約のヒヤリ・ハット対策~「不可抗力」再考・・・これからの契約ドラフティング~

井口直樹杉本花織

2020年1月27日

外部セミナー

Recent Developments of International Commercial Arbitration in Japan

小田博

2019年12月11日

外部セミナー

国際協力銀行・海外投融資情報財団:「投資仲裁」―日本企業は敢えて『しない』のかそれとも『出来ない』のか?

井口直樹

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

2020年11月

ニュースレター

シンガポールからみた日本仲裁法の改正 ―仲裁廷による暫定保全措置についての考察

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

青木大

2020年9月

論文

「不可抗力」条項再考 ―この先を考えよう(後編)―

JMCジャーナル 2020年9月号

井口直樹杉本花織(共著)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2021年4月15日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2022において高い評価を得ました。

2021年2月18日

受賞等

Chambers Global 2021において高い評価を得ました。

2021年1月13日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2021において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧