• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 知的財産 > 知財争訟

ここから本文です。

知財争訟

当事務所が取り扱う知的財産権関連紛争は、特許権、実用新案権はもとより、商標権、意匠権、著作権や不正競争防止法上の権利等に関連する紛争が含まれ、職務発明対価請求訴訟にも積極的に取り組んでいます。複数の元知財高裁判事や理工系の大学出身者を含む、法律と技術の両面に精通した弁護士が全力を挙げて事件処理に当たり、判例集をにぎわす著名事件に数多く関与してきました。

その活躍の場は、わが国の裁判所のみならず、国内外の仲裁機関での代理にも及んでいます。また、外国語(英語及びドイツ語)に長けた弁護士により、米国等海外で訴訟の当事者となった企業の支援、紛争解決手続に至る前の事前交渉等、あらゆる形態の知的財産紛争案件を的確に処理できる体制を整えています。

関連するニュースレター:NO&T IP Law Update ~知的財産法ニュースレター~

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2020年2月14日

外部セミナー

特許庁:知的財産紛争への国際仲裁・調停の活用 ―SEP(標準必須特許)・FRANDを含む世界的・包括的解決への戦略―(パネルディスカッション)

小原淳見

2019年9月20日

NO&Tセミナー

「国境をまたぐイノベーションと法」 "Transboundary Innovation and Law"

東崎賢治藤原総一郎殿村桂司

2019年6月13日

NO&Tセミナー

米国特許実務セミナー
"US Patent Litigation - What's Hot and What's Not"

東崎賢治塚本宏達

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2020年6月

論文

知的財産紛争実務の課題と展望(1)我が国の知財紛争解決システムの最新状況

JCAジャーナル 2020年6月号(第67巻6号)

東崎賢治

2020年6月

論文

The Legal 500: 4th Edition Intellectual Property Country Comparative Guide - Japan

The Legal 500 ウェブサイト内

東崎賢治

2020年5月

論文

用途発明における「用途」と新規性の判断及び「実施」該当性の判断――「IL-17産生の阻害」事件――

知財管理 2020年5月号(Vol.70 No.5 2020)

東崎賢治

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2020年5月14日

受賞等

ALB IP Rankings 2020において高い評価を得ました。

2020年5月4日

受賞等

Benchmark Litigation Asia-Pacific 2020において高い評価を得ました。

2020年4月9日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2021において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧