• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 採用情報 > スタッフ採用 > スタッフの仕事紹介 > パラリーガルの仕事(専門分野ファイナンス)

ここから本文です。

staff_bnr3

パラリーガルの仕事
(専門分野-ファイナンス)

主に、ファイナンス業務及び法的事務手続きに関わる文書の翻訳業務を担当しています。
ファイナンス業務は、株式や債券の発行及び上場に関係する書類の作成を主としており、手続き上、和英両方の書類を求められることが多くあります。また、翻訳業務では、法律文書を含むあらゆる分野の英文和訳・和文英訳を行います。
いずれの業務も、原文を正しく理解し、それぞれ日本語及び英語で正確に表現する能力はもちろんのこと、手続きをスムーズに行うためのスケジュール管理能力、大きな案件では共同して作業をするためのコミュニケーション能力などを必要とします。

パラリーガルの1日

現在、海外企業が日本市場で証券を発行する際の事務手続き及び紛争案件の翻訳を担当しています。昨晩の案件の動きを確認し、今日できることを整理した後、段取りを考えて取り組みます。本日は、発行案件の書類提出があるため、そちらの作業を優先しつつ、作業の合間に紛争案件の翻訳を行います。

 

メールチェック

9:00
a.m.

担当案件の状況確認

特に急な変更等がないことが確認できたので、予定していた今日の作業に取りかかります。

003_sub_img1

10:00
a.m.

有価証券届出書の最終調整

発行予定額等の条件が決定したため、それらを届出書のドラフトに反映します。弁護士のレビューを経た後、関係者に送付し最終確認を依頼します。

昼休み

事務所近くのレストランで同僚とランチ。話に花が咲きます。

11:45
a.m.

003_sub_img2

1:00
p.m.

米国の裁判所に提出する証拠書類を英訳

米国で行われている日本企業の訴訟において、日本企業が米国の裁判所に提出する証拠書類を英訳します。

リーガル・エディターに訳文のチェックを依頼

出来上がった英訳をリーガル・エディターに見てもらいます。書類やメールを依頼者等に提出・発信する前に、ネイティブスピーカーのリーガル・エディターがより正確な英文にブラッシュアップしてくれます。

3:00
p.m.

003_sub_img3

 

4:00
p.m.

発行案件の届出書を提出

関係者の確認が取れたので、届出書を提出します。書類は、EDINETという電子開示システムを通じて関東財務局に提出します。

リーガル・エディターから戻ってきた書類を確認し、弁護士に提出

リーガル・エディターによる修正をそのまま反映するのではなく、和文と照らし合わせて確認してから弁護士に提出します。

5:00
p.m.

 

6:00
p.m.

ようやく作業完了

本日までに提出が必要なものの作業を終えたので、帰宅します。お疲れさまでした!

Q1NO&T入所の決め手

もともと英語を使うことが好きであったため、将来は英語力を活かせる専門職に就きたいと考えていました。そんな中、学生時代に経験したインターンシップにおいて、法律や契約に関わる仕事の重要性を痛感したことから、法務関連の仕事を志すようにもなりました。そこで、国際的な取引を扱う法務関連の仕事に的を絞って就職活動を行っていたところ、まさに当事務所は希望に沿うものでしたので、当事務所への入所を決めました。また、私は、法律業務の中でも特にファイナンス業務に興味があったため、専門分野としてファイナンス業務に携わることを希望していましたが、それ以外に様々な分野の案件に携わることができる点も当事務所の魅力でした。

Q2これまでのキャリア

初めて担当した案件は、日本で有価証券の募集を行った外国ファンドの有価証券報告書の作成でした。初めて見る法律の条文を確認しながら進める必要があり、また、関係者も複数いましたので、初めは右も左もわからず、書類の作成はもちろんのこと、各関係者に連絡を取りつつ、スケジュールに従って案件を動かすことに大変苦労したのを覚えています。それ以来、専門分野では、外国会社や外国政府関係機関による証券発行、外国ファンドの併合、日本企業の米国証券取引委員会向けの申請書類作成などのファイナンス案件のほか、様々な法律関係の書類の翻訳を担当してきました。専門分野以外では、不動産案件や不祥事案件にも携わってきました。

Q3やりがい

大規模な証券発行案件では膨大な資料と向き合いながら、案件チームのパラリーガルメンバーや弁護士と相談しながら書類の作成を進めます。パラリーガルは弁護士の指示のもとでリサーチや書類作成を行いますが、指示を受身に待つのではなく、書類の作成において積極的に提案を行ったり、案件全体を主導的に管理することが求められることもあります。専門性が高いゆえに難しく感じ、戸惑うこともありますが、学ぶことが多くチャレンジングな環境にやりがいを感じています。

Q4自己啓発

法学部出身ではなかったため、まず、入所後に事務所から貸与された参考書等を利用してビジネスに必要な法律を幅広く勉強しました。業務に必要となる特定の法律や金融の知識は、その都度、案件を通じて身に付けています。また、パラリーガルの間で法令改正に関する情報共有をしているのでそれらの確認をしたり、所内で弁護士や知識豊富なスタッフが講師となって行う勉強会に参加したりしています。

Q5今後の目標

高い専門性と幅広い知識をもったパラリーガルになることです。パラリーガルの中には、法律の知識や業務の知識が豊富で語学力も高い憧れの先輩が沢山います。そんな先輩の仕事ぶりを見て「いつかあの先輩のようになりたい」といつも思っています。