• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

staff_bnr2

秘書(新人)の仕事

新人秘書は、先輩秘書のサポートを受けながら弁護士を担当することから、秘書としての第一歩を踏み出します。秘書として何をすべきか、どのように弁護士をサポートするのか、先輩が一つ一つ丁寧に教えてくれますので、毎日新しいことを覚え、少しずつ自分でできることが増えていき、次第に新人秘書から一人前の秘書へと成長していきます。
弁護士から頼りにされる秘書を目指して奮闘する毎日です。

秘書(新人)の1日

現在、OJTの一環として、先輩と一緒に弁護士1名を担当しています。不動産売買や訴訟案件等、多岐にわたる案件を扱っているため、取り扱う書類の種類や内容も多様です。日々新たな発見や学びがあり、法律事務所で働く喜びを感じています。多忙な弁護士をサポートできるよう努めています。

 

弁護士執務室の掃除

弁護士の OUT BOX に、昨日会議で外出した際のタクシー代領収書が出ていたので、その経理処理をします。

9:00
a.m.

メールチェック、
弁護士のスケジュールを確認

001_sub_img1

10:00
a.m.

プレゼン資料の作成

担当弁護士が外部セミナーにて講師を務めるので、パワーポイントでそのプレゼン資料を作成します。

昼休み

同期と一緒にお弁当を食べてリフレッシュします。

11:45
a.m.

001_sub_img2

先輩秘書が外出

先輩がパートナー弁護士と一緒にクライアント先へ外出。その間、一人で担当弁護士のサポートをすることになりました。身が引き締まります。

1:00
p.m.

001_sub_img3

2:00
p.m.

弁護士から契約書の発送の指示

早速指示を受け、契約書の発送準備をします。発送前に体裁や必要書類が全て揃っているかなどを入念にチェック。先輩と一緒に何度か経験した作業ですが、一人は初めてなので緊張します。

先輩秘書に作業報告・確認

先輩が外出から戻ってきました。先ほどの契約書発送の作業について報告します。適切な手順で仕上げられて、一安心。

3:00
p.m.

001_sub_img4

コピー、ファイリング

各フロアにあるサービスコーナーを利用して、案件に関する資料を整理します。量が多かったため、周りの先輩が手伝ってくれました。

4:00
p.m.

 

5:00
p.m.

案件の今後のスケジュールの確認

本日中の作業があるか弁護士に確認後、帰宅します。

Q1法律事務所を志した理由

就職活動中は自分の性格を活かした仕事に就きたいという想いから、秘書のようなサポート役を中心に仕事を探していました。渉外案件を多く抱える法律事務所では法律を通じて世のためになる働きができるという点でも、法学部出身の私にとっては魅力的でした。

Q2入所前と入所後のギャップ

入所前は弁護士を身近に感じたことがなく、「堅そう、怖そう」というイメージを持っていました。しかし、実際は皆とても優しく、気さくに話しかけてくれるのでそのイメージはすぐになくなりました。また、入所前は、法学部出身とはいえ企業法務に関連した難しい法律の内容に触れる仕事ができるか不安でしたが、わからないことがあった時は弁護士や先輩秘書が優しく教えてくれ、また自分で調べられる設備も整っているので、安心して仕事に励むことができています。

Q3先輩からの指導

とても丁寧な指導、という一言に尽きます。今の私には難しい仕事もまだたくさんありますが、OJT担当の先輩(トレーナー)が日々アドバイスをしてくれ、小さな疑問も都度クリアしながら業務知識を積み上げることができています。
また、OJT期間中は都度の指導だけでなくトレーナーとコーディネーター(所属フロアのまとめ役)と一緒にミーティングをする機会が定期的にあり、自分の仕事ぶりに対してフィードバックがされます。自分の成長を考えた率直な助言が得られるので、中長期的な課題や目標の明確化にも繋がります。

Q4NO&Tの魅力

周囲への気遣いが日常的にあり、協力することが当たり前にある職場風土です。一人の秘書では対応しきれない業務量を抱えていると、ごく自然に他の秘書で分担し、積極的に手伝う姿がみられます。よい仕事をするためにお互いに助け合う気持ちを忘れない先輩ばかりなので、自分も同じように成長していきたいと思える、NO&Tはそんな職場です。

Q5今後の目標

今はまだ一つ一つの作業をこなすことに精一杯なので、先輩のように広い視野を持ちつつ、状況に応じて柔軟に行動できる秘書になりたいです。弁護士をよく見て行動し、案件に対する理解も深めて能動的に働きかけられるよう、日々精進していきたいと思います。