• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

staff_bnr5

秘書の仕事

1~3名の弁護士を担当するとともに、所属するグループにおいてチーム制に基づく業務を行っています。弁護士のスケジュール管理、会議のアレンジ、電話応対といった一般的な秘書業務に加え、依頼者への請求書発行、様々な書類の作成・修正、データ管理、コピー、資料管理等、その業務範囲に限りはありません。弁護士にとって、なくてはならない存在です。

秘書の1日

倒産・事業再生、危機管理・不祥事対応の案件を多く扱うグループに所属し、現在は2名の弁護士を担当しています。新聞の一面に載る大きな事件を取り扱うことも多く、機密情報の管理にも気を配っています。大量の事務処理をかなりタイトなスケジュールで行うことも少なくありませんが、秘書間で連携を取り協力し合って作業し、多忙な弁護士の業務が円滑に進められるよう日々サポートに努めています。

メールチェック、執務室の掃除

9:00
a.m.

005_sub_img1

9:30
a.m.

弁護士と予定や案件状況の確認

担当弁護士と予定や案件の状況を確認します。設定したい打合せがあるかどうか、会議に必要な書類はあるかなども確認することで、より作業がスムーズに進みます。

ヒアリング準備

弁護士との打合せで不祥事のあった会社の関係者のヒアリングが大量に予定されていることが分かりました。案件の関係秘書やパラリーガルと連絡を取り合って、日程調整や必要な機材の手配を行います。

10:00
a.m.

005_sub_img2

ランチ

同期と外へランチに向かいます。JPタワー近辺にはお店がたくさんあるので、毎日のランチタイムが楽しみです。

11:45
a.m.

005_sub_img3

12:45
p.m.

午前中に行われた会議の反訳

弁護士がヒアリング記録を作る前段階として、その音声データを文書に起こす反訳作業を行います。音声データが長いため、少しずつ区切って、事務所内の秘書に協力を依頼します。

プリントアウト

依頼者から不祥事案件の調査資料が入ったDVDが届き、弁護士から関係者分のプリントアウト指示が出ました。本日の夜には確認したいとのことなので、反訳も気になりますがこちらに急いでとりかかります。関係秘書間で、プリントアウト担当、インデックス作成担当など分担し、完成したものが弁護士にとってより見やすい形になるよう工夫します。

3:00
p.m.

005_sub_img4

 

6:00
p.m.

反訳の統合

事務所内の秘書に協力してもらっていた反訳がすべて完成したのでデータを統合して弁護士に送りします。今日は少しだけ残業になりました。担当弁護士に本日中の作業がないか確認して帰宅します。

Q1これまでのキャリア

新卒でメーカー商社に入社し経理としてしばらく勤務したあと、秘書職に就きたいと思い転職しました。入所してすぐにOJTも兼ねてアソシエイト弁護士1名を担当、その後に顧問とパートナー弁護士を担当することになりました。「弁護士」と一括りに言っても、顧問、パートナー、アソシエイトの違いや弁護士の専門分野の違いにより、担当秘書としての仕事内容も異なるので、その違いを新鮮な気持ちで理解しながら秘書としての経験を積み上げているところです。

Q2転職先として長島・大野・常松法律事務所を選んだ理由

法律事務所勤務の友人が何人かいたので、比較的イメージのわきやすい業種であったこと、そして何より未経験でも秘書としてのキャリアを始められることが応募のきっかけでした。数ある法律事務所のなかでも長島・大野・常松法律事務所を選んだ決め手としては、相性、と言ってしまうとそれまでなのですが、面接での雰囲気がとても和やかで自分と波長が合ったような気がしたのを覚えています。入所してみてその時の感覚は正しかったと実感しています。

Q3秘書としてのやりがい

例えば会議を行う際に所内の調整や資料の手配等、しっかりと事前準備をした結果、過密なスケジュールで行われた会議が滞りなく終了し、弁護士からありがとうと声をかけてもらった時にはほっとすると共にやりがいを感じます。まだ不慣れなことも多いですが、秘書として頼りにしてもらえると嬉しく思います。

Q4弁護士について

想像していた以上に多忙を極める毎日を送っているにも関わらず、一つ一つの仕事に精力的に取り組んでいる姿を目の当たりにして頭の下がる思いです。弁護士は、上司でありながらも、皆気さくで話しやすく、時には雑談を通してコミュニケーションを取りながら、気持ちよく働くことができています。

Q5目指す秘書像

周りには経験豊富で手本にしたい先輩秘書が多くいるので、日々身近でその仕事ぶりを学び、秘書の仕事への理解を深めています。他方で、依頼者は一般の企業も多いため、依頼者の気持ちを理解する上で前職での経験が活かせる場面もあるように感じています。今後は企業で働くことで培った視点を生かしながら経験を積み、最終的には秘書業務全般で手本とされるようになって、弁護士はもちろん、依頼者や職場の同僚に対しても最大限のサポートをすることができる秘書を目指しています。