• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 日本版スチュワードシップ・コードの策定

ここから本文です。

日本版スチュワードシップ・コードの策定

ニュースレター

著者等

鈴木謙輔中翔平

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第32号(2014年3月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2014年2月26日、日本版スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会において「『責任ある機関投資家』の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」(以下「本コード」という)が策定された。本コードは、責任ある機関投資家としてスチュワードシップ責任を果たすに当たり有用と考えられる諸原則を定めるものであり、機関投資家はもちろん、投資先企業、さらには機関投資家の顧客・受益者にもその影響が及びうる。本号では、本コードの概要と実務上の留意点を解説する。

全文を読む(外部サイト、PDF:54KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

鈴木謙輔の最近の著書・論文

2020年3月

論文

Chambers Global Practice Guides Life Sciences 2020 Japan - Law & Practice(共著)

2019年12月

論文

投資一任業務と一種業・二種業の関係(共著)

旬刊商事法務 2019年12月15日号(No.2217)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

論文

Medicinal product regulation and product liability in Japan: overview (2019)(共著)

Life Sciences Global Guide

2019年7月

論文

集団投資スキーム持分から除外されるための全員関与要件とベンチャー投資ファンド(共著)

旬刊商事法務 2019年7月15日号(No.2204)

中翔平の最近の著書・論文

2017年4月

論文

The fair disclosure rule

International Financial Law Review 2017年5月号 International Briefings: Japan

2016年6月

ニュースレター

平成27年個人情報保護法の改正(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第41号(2016年6月)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

東証の新市場区分の概要と実務上の留意点 ~「市場第一部」等は廃止され、新市場区分へ移行準備が必要に~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第53号(2020年3月)

木村聡輔水越恭平(共著)

2020年2月

ニュースレター

政策保有株式の開示と売却

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第52号(2020年2月)

宮下優一

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)