• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 日本版スチュワードシップ・コードの策定

ここから本文です。

日本版スチュワードシップ・コードの策定

ニュースレター

著者等

鈴木謙輔中翔平

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第32号(2014年3月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2014年2月26日、日本版スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会において「『責任ある機関投資家』の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」(以下「本コード」という)が策定された。本コードは、責任ある機関投資家としてスチュワードシップ責任を果たすに当たり有用と考えられる諸原則を定めるものであり、機関投資家はもちろん、投資先企業、さらには機関投資家の顧客・受益者にもその影響が及びうる。本号では、本コードの概要と実務上の留意点を解説する。

全文を読む(外部サイト、PDF:54KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

鈴木謙輔の最近の著書・論文

2021年5月

論文

情報の伝達とインサイダー取引規制の対象者の範囲(共著)

旬刊商事法務 2021年5月5・15日号(No.2262)

2021年4月

ニュースレター

「海外投資家等特例業務」と「移行期間特例業務」の導入-2021年銀行法等改正法案による金商法改正のポイント-(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第65号(2021年4月)

2021年3月

論文

Chambers Global Practice Guides Life Sciences 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2021年3月

ニュースレター

With & Afterコロナ時代に注意すべき医療機器該当性判断のポイント(共著)

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第19号(2021年3月)

2020年12月

論文

Medicinal product regulation and product liability in Japan: overview (2020)(共著)

Life Sciences Global Guide

中翔平の最近の著書・論文

2017年4月

論文

The fair disclosure rule

International Financial Law Review 2017年5月号 International Briefings: Japan

2016年6月

ニュースレター

平成27年個人情報保護法の改正(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第41号(2016年6月)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年6月

論文

Assessing Japan’s amended regulatory framework for fund transfer service providers

International Financial Law Review ウェブサイト内 International Briefings: Japan

井上翔太郎

2021年6月

その他

Underwriters' liability for false statements made in IPO

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

ジョン・レイン大野崇(共著)

2021年5月

論文

情報の伝達とインサイダー取引規制の対象者の範囲

旬刊商事法務 2021年5月5・15日号(No.2262)

鈴木謙輔酒井敦史(共著)