• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 収賄容疑の前憲法裁判所長官に終身刑判決(インドネシア)

ここから本文です。

収賄容疑の前憲法裁判所長官に終身刑判決(インドネシア)

ニュースレター

著者等

前川陽一

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第17号(2014年8月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

アジアインドネシア

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
1. 事実の概要
ジャカルタ汚職裁判所は、2014年6月30日、前憲法裁判所長官のアキル・モクタル被告人に対して、汚職撲滅法(1999年法第31号)違反の事実を認定し、終身刑に処するとの判決を宣告した。
現地での報道によれば、アキル氏は2008年から憲法裁判所判事、2013年から同長官に就任したところ、在任中の2010年から2013年にかけて、15の地方自治体首長選挙の結果にかかる不服申立審査事件に関連して、特定の候補者に有利な審査をする見返りに賄賂を要求、合計570億ルピア(約5億円)を収受したということである。
汚職に関する報道がほとんど日常茶飯事になっている現地でも、本判決は汚職事件の被告人に対して終身刑が初めて適用された事例として注目を集めている。現地の報道は、本判決について、司法機関のトップが公正であるべき選挙結果を賄賂によって歪め民主主義をないがしろにした点を厳しく指弾するものとして評価した。

全文を読む(外部サイト、PDF:569KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

前川陽一の最近の著書・論文

2021年4月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(9)〜投資規制の緩和(1)/オムニバス法の制定(10)~投資規制の緩和(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年4月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その3)~投資規制の緩和(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第97号(2021年4月)

2020年11月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(1)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年11月

その他

インドネシア:印紙税法の改正

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年10月

ニュースレター

Eコマースに関する商業大臣規則の制定(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第91号(2020年10月)

アジアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人

インドネシアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年4月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(9)〜投資規制の緩和(1)/オムニバス法の制定(10)~投資規制の緩和(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

前川陽一

2021年4月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その3)~投資規制の緩和(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第97号(2021年4月)

前川陽一