• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 関西国際空港及び大阪国際空港(伊丹空港)の民営化(実施方針の公表)

ここから本文です。

関西国際空港及び大阪国際空港(伊丹空港)の民営化(実施方針の公表)

ニュースレター

著者等

田中俊平三上二郎勝山輝一

書籍名・掲載誌

Finance Law Update ~金融かわら版~ 第33号(2014年8月)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第2号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

プロジェクトファイナンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
新関西国際空港株式会社(以下「新関空会社」という。)は、本年7月25日に「関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等実施方針」(以下「本件実施方針」という。)を公表した。これは、関西国際空港及び大阪国際空港(伊丹空港)についてコンセッション方式のPFIを用いて空港民営化を行うものであって、本年4月25日に国土交通省航空局によって実施方針が公表され、その後本年6月27日に募集要項 が公表された仙台空港に続く空港民営化事案ということになる。

全文を読む(外部サイト、PDF:62KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T ニュースレターのバックナンバー・配信登録

田中俊平の最近の著書・論文

2011年10月

論文

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理に対する大手法律事務所弁護士有志の意見 ―長島・大野・常松法律事務所弁護士有志意見の概要(共著)

NBL 2011年10月1日号(No.962)

2011年7月

ニュースレター

PFI法の改正~コンセッション方式の導入

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第16号(2011年7月)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第1号)

2009年5月

論文

不動産証券化ビジネスにおける金融商品取引法に関連する留意点―いわゆるGK-TKスキームに関連する業者規制を中心に

中山信弘・中里実編『東京大学ビジネスローセンター公開講座 ―ビジネスローの新たな動向―』

2008年9月

インタビュー

金融商品取引法施行から1年 特定目的会社を使った取引が増加 SPCへの追加出資などで課題も浮上(インタビュー)

日経不動産マーケット情報 2008年10月号

2008年6月

論文

不動産証券化ビジネスにおける金融商品取引法に関連する留意点(下) ―いわゆるGK-TKスキームに関連する業者規制を中心に

NBL 2008年6月1日号(No.882)

三上二郎の最近の著書・論文

2021年9月

ニュースレター

水素の利用面における課題(共著)

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第13号(2021年9月)

2021年8月

ニュースレター

水素の製造・輸送・貯蔵面における課題(共著)

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第12号(2021年8月)

2021年7月

ニュースレター

水素社会の実現に向けた我が国の政策的動向(共著)

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第11号(2021年7月)

2021年5月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2019年11月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2019 Japan - Law & Practice(共著)

勝山輝一の最近の著書・論文

2020年4月

論文

Park-PFIの動向と法的視点から見た実務(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.54(March-April 2020)

2019年12月

ニュースレター

Park-PFIの動向(共著)

NO&T Client Alert(2019年12月17日号)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第3号)

2017年10月

論文

コンセッション型PFIファイナンスの特徴 ――伝統的なプロジェクトファイナンスとの相違点を中心に――

金融法務事情 2017年10月10日号(No.2075)

2017年7月

論文

地域金融機関のためのプロジェクトファイナンス入門 第10回(完) プロジェクト関連契約(その2)(共著)

金融法務事情 2017年7月10日号(No.2069)

2017年6月

論文

地域金融機関のためのプロジェクトファイナンス入門 第9回 プロジェクト関連契約(その1)(共著)

金融法務事情 2017年6月10日号(No.2067)

プロジェクトファイナンスに関する最近の著書・論文

2021年8月

その他

ベトナム:PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年7月

ニュースレター

PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

澤山啓伍

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡