• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 消費者被害回復裁判手続の法構造―共通義務確認訴訟を中心として

ここから本文です。

消費者被害回復裁判手続の法構造―共通義務確認訴訟を中心として

論文

著者等

伊藤眞

書籍名・掲載誌

法曹時報 第66巻 第8号

出版社

大学図書

業務分野

民事・商事争訟

伊藤眞の最近の著書・論文

2021年7月

論文

不正等調査委員会報告書と文書提出義務 ―報告書の法的性質をめぐって―

金融法務事情 2021年7月10日号(No.2165)

2021年7月

その他

本書刊行に寄せて

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年7月

論文

事業価値担保(事業成長担保)は事業再生を促進するか

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

2021年5月

書籍

『伊藤眞古稀後著作集 民事司法の地平に向かって』

商事法務

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

ODRの現状と今後の可能性

ADRセンター20周年記念誌「ADRセンター二十年の歩み」

森大樹

2021年9月

その他

プレス・事業者向けにODR勉強会 専用保険やODRの概要等解説

保険毎日新聞 2021年9月9日 4面

森大樹

2021年6月

論文

消契法改正に向けて注目が集まる サルベージ条項をめぐる議論の最新動向と対応

ビジネス法務 2021年8月号(Vol.21 No.8)

須藤希祥