• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 我が国における電力システム改革と電力事業の自由化

ここから本文です。

我が国における電力システム改革と電力事業の自由化

ニュースレター

著者等

福田政之

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第35号(2014年10月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
現在、我が国における電力システムの根本的な改革が進行中である。その背景事情としては、東日本大震災による原子力発電所の事故により、将来的な主力電源と期待されていた原子力発電への信頼が大きく揺らいだこと、同事故による原発停止後に生じた電力需給の逼迫という現実に直面して、現行電力システムの様々な欠点が露呈されたこと、さらに、新興国の需要増大を背景とした世界的なエネルギー需給の逼迫の増大、地球環境問題に対応するための再生可能エネルギー導入コストの増加などの事情もあり、従来の電力システムのままでは、将来、低廉で安定的な電力供給を確保できなくなるおそれがあることが明らかになったことがあげられる。

全文を読む(外部サイト、PDF:416KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

福田政之の最近の著書・論文

2020年3月

論文

The Legal 500: 1st Edition Securitisation Country Comparative Guide - Japan(共著)

The Legal 500 ウェブサイト内

2020年1月

論文

Chambers Global Practice Guides Securitisation 2020 Japan - Trends & Developments(共著)

2019年11月

インタビュー

Japanese Gambling Industry Prospects: Interview with an Expert(インタビュー)

LoginCasino - online gambling business magazine

2019年11月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Gambling 2020 第24章「Japan」

2019年9月

論文

The Private Wealth & Private Client Review - Edition 8 Chapter 26 JAPAN(共著)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

東証の新市場区分の概要と実務上の留意点 ~「市場第一部」等は廃止され、新市場区分へ移行準備が必要に~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第53号(2020年3月)

木村聡輔水越恭平(共著)

2020年2月

ニュースレター

政策保有株式の開示と売却

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第52号(2020年2月)

宮下優一

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)