• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 日越共同イニシアティブとラウンドテーブル(ベトナム)

ここから本文です。

日越共同イニシアティブとラウンドテーブル(ベトナム)

ニュースレター

著者等

中川幹久

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第18号(2014年9月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務アジアベトナム

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
ベトナムに進出した日系企業が直面する様々な投資環境上の問題について、日系企業サイドがベトナム当局と意見交換をし、話し合う場には様々なものがある。むろん日々の実務の延長線上で非公式に意見交換をするものも含めれば、そのような場は数知れずあるであろうし、むしろそうした非公式な交流が実務上重要であることは否定のしようがない。他方で、日系企業が共通して抱えるより根本的な問題などに対しては、ベトナム当局に対して日の丸を掲げて一丸となって要望を出し改善を求める必要がある場合もあるし、実際そのような場も設けられている。日越両政府を巻き込んで設けられた日越共同イニシアティブはまさにそうした場であり、日越間での協議の場としては最も規模が大きいものといえよう。

全文を読む(外部サイト、PDF:1,054KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

中川幹久の最近の著書・論文

2021年3月

その他

ベトナム:外国人労働者に関する新しい施行細則(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年2月

ニュースレター

外国人労働者に関する新しい施行細則(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第95号(2021年2月)

2020年11月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~ベトナム編(共著)

NO&T Client Alert(2020年11月19日号)

2020年5月

その他

ベトナム:新競争法の施行細則~ようやく成立(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年5月

その他

ベトナム:新競争法の施行細則~ようやく成立(1)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

論文

東証の新市場区分に向けたコーポレートガバナンスの高度化

Asian Legal Business Japan E-magazine June 2021

宮下優一

アジアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人

ベトナムに関する最近の著書・論文

2021年6月

論文

Vietnam: Decree guiding Law on Public Private Partnership

Lexology ウェブサイト内

ホアイ・チャン、チャン・フォン・マイ(パラリーガル)(共著)

2021年5月

その他

ベトナム:改正投資法施行令(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鷹野亨

2021年5月

その他

ベトナム:労働許可証関連手続における注意点

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍