• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 『租税法と市場』

ここから本文です。

『租税法と市場』

書籍

著者等

金子宏(共編著)

出版社

有斐閣

備考

金子宏顧問は、1「租税法解釈論 序説」を執筆。

業務分野

税務アドバイス・プランニング

詳細

目次

1 総 論
「租税法解釈論 序説」
「主権国家の成立と課税権の変容」
「累進課税とモラルハザード」
「租税体系について」
「所得の構成要素としての純資産増加」
「課税における人的資本の位置付け」
「課税リスクへの対処方法を巡る一考察」
「租税訴訟における法創造と租税法律主義」

2 ファイナンス
「『金融革命の進行』を振り返って」
「所得課税における法的帰属と経済的帰属の関係・再考」
「金融商品の時価主義課税」
「一時所得の要件に関する覚書」
「租税法における生命保険契約の意義」
「プライベート・エクイティ・ファンドと組合課税」
「バーター取引にかかる所得税の課税問題」
「金融セクターに対する消費課税」

3 コーポレート
「法人課税とリスク」
「広告と無形資産とタイミングと課税権配分」
「有利発行に関する課税問題」
「事業取引における債務の移転について」
「自己株式に関する課税問題」
「事業再生と法人課税」

4 国際課税
「帰属所得主義と恒久的施設課税の今後」
「移転価格税制における実務上の課題」
「コーポレート・インバージョン税制の実務と課題」
「パテントボックス税制の法人所得概念への影響」
「国外からの国際的サービス提供事業による所得のソースルールについて」
「国際課税における金融口座情報の共有体制の確立」

金子宏の最近の著書・論文

2018年11月

書籍

『租税法と民法』(共編著)

有斐閣

2017年8月

書籍

『現代租税法講座 第4巻 国際課税』(監修)

日本評論社

2011年12月

論文

憲法と租税法―大島訴訟

『租税判例百選 第5版』(別冊ジュリスト No.207)

2011年4月

書籍

『租税法(第16版)』

弘文堂

2010年11月

書籍

『租税法理論の形成と解明(上巻・下巻)』

有斐閣

税務アドバイス・プランニングに関する最近の著書・論文

2021年1月

論文

特集 続 税務調査之心得50 説得的な「ストーリー」を描く

税務弘報 2021年1月号(Vol.69/No.1)

遠藤努

2020年12月

インタビュー

LAWYERS GUIDE 2021

LAWYERS GUIDE 2021 Business Law Journal 2021年2月号(No.155)別冊

藤原総一郎平川雄士吉村浩一郎深水大輔遠藤努(インタビュー)

2020年12月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Corporate Tax 2021 第14章「Japan」

南繁樹