• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > New Act for collective consumer recovery in Japan – expected to come into force in late 2016

ここから本文です。

New Act for collective consumer recovery in Japan – expected to come into force in late 2016

論文

著者等

神田遵

書籍名・掲載誌

Product Law and Advertising, Newsletter of International Bar Association Legal Practice Division, Volume 21 Number 1 September 2014

出版社

International Bar Association

業務分野

消費者関連法(消費者訴訟)景品表示法/下請法

神田遵の最近の著書・論文

2017年6月

インタビュー

労働紛争の予防と企業にとって最善な制度構築および紛争・課題解決を追求する(インタビュー)

Lawyers Guide ~Labor / Tax edition~ Business Law Journal 2017年8月号(No.113)別冊

2016年3月

書籍

『女性活躍推進―法対応と課題解決Q&A』(共著)

労務行政

2009年3月

書籍

『フランチャイズ契約の法律相談 [改訂版]』(分担執筆)

青林書院

2008年1月

書籍

『労働法実務相談シリーズ(7) 均等法・母性保護・育児介護休業 Q&A』

労務行政

2003年11月

論文

International Product Liability Law Japan chapter

2003 Edition by Gregory L. Fowler

消費者関連法(消費者訴訟)に関する最近の著書・論文

2021年5月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Consumer Protection 2021 第10章「Japan」

森大樹梅澤舞(共著)

2021年4月

論文

Consumer contracts Q&A: Japan

Cross-border commercial transactions - Practice notes

森大樹梅澤舞(共著)

2021年4月

論文

The Class Actions Law Review - Edition 5 JAPAN

森大樹渡邉亜紀小林菜摘(共著)

景品表示法/下請法に関する最近の著書・論文

2021年5月

書籍

『論点体系 独占禁止法ー私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律 下請代金支払遅延等防止法<第2版>』

第一法規

渡辺惠理子服部薫柳澤宏輝井本吉俊(共著)

2019年11月

その他

スーパーアプリ:法整備について

EXPERT OPINION(No.041)

小川聖史

2019年4月

論文

「打消し表示」に関する実務上の留意点

銀行実務 2019年4月号

森大樹小林菜摘(共著)