• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2011年の著書・論文 > EUにおけるカルテル発覚後の損害賠償請求訴訟の実務

ここから本文です。

EUにおけるカルテル発覚後の損害賠償請求訴訟の実務

論文

著者等

帰山雄介

書籍名・掲載誌

NBL 2011年4月15日号(No.951)

出版社

商事法務

キーワード

EU

業務分野

独禁争訟

帰山雄介の最近の著書・論文

2018年11月

論文

デジタルプラットフォームの法律問題(第2回)プラットフォーム上のデータの取扱い(1)――知的財産権としての保護等とその限界および独占禁止法・競争法の適用(共著)

NBL 2018年11月1日号(No.1133)

2018年10月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Cartels & Leniency 2019 第18章「Japan」(共著)

2018年7月

論文

Chambers Global Practice Guides Merger Control 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2018年7月

論文

第14回 欧州:高級化粧品のサプライヤーによるブランドイメージ保護を理由とする選択的流通と第三者プラットフォームでの販売の制限 Coty Germany GmbH v Parfümerie Akzente GmbH Court of Justice (6 December 2017), Case C-230/16(共著)

NBL 2018年7月15日号(No.1126)

2017年8月

書籍

『M&A担当者のための独禁法ガン・ジャンピングの実務』(共著)

商事法務

EUに関する最近の著書・論文

2019年6月

論文

<立法動向>EUにおけるジオ・ブロッキング規則(欧州議会・理事会規則2018/302)の施行

EU法研究第6号(2019年6月号)

小川聖史

2019年5月

論文

データビジネスへの規制の潮流とM&A

M&A専門誌マール(MARR) 2019年6月号(No.296)

鈴木明美

2019年5月

論文

デジタル課税に関する近年の国際的動向 ―2019年2月13日付けパブリック・コンサルテーション・ドキュメントにおける議論を中心に―

月刊国際税務 2019年3月号(Vol.39 No.5)

藤枝純遠藤努(共著)

独禁争訟に関する最近の著書・論文

2019年6月

その他

米クアルコム、鉄壁の知財モデルにヒビ 連邦地裁が独禁法違反判決 スマホ産業に追い風も

日本経済新聞 2019年6月7日

大久保涼(コメント)

2019年3月

論文

プラットフォームと競争法・競争政策─企業結合規制と確約手続の利用を中心に─

月刊公正取引 2019年3月号 (No.821)

小川聖史

2019年1月

その他

賃金協定及び引き抜き禁止協定に関する米国独禁当局の指針とその後の動き

国際商事法研究所ウェブサイト内 国際ビジネス法エグゼクティヴ・サマリー

大川剛平(共著)