• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2014年の著書・論文 > 最判H26・6・5の解説(投資信託解約金債務に係る相殺の可否)

ここから本文です。

最判H26・6・5の解説(投資信託解約金債務に係る相殺の可否)

ニュースレター

著者等

松本渉

書籍名・掲載誌

NO&T Restructuring Legal Update ~事業再生・倒産法ニュースレター~ 第5号(2014年11月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

事業再生・倒産

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
最高裁判所第一小法廷は、平成26 年6 月5 日、再生債務者と別除権者との間で締結された別除権協定の解除条件に該当する事由が生じた場合には、当該別除権協定は条件成就時より効力を失い、その結果、別除権者は、協定締結による減額前の被担保債権にて配当に参加できると判示しました(最一小判平成26 年6 月5 日判時2230 号26 頁)。Topicに記載した同日付けの最高裁判決とともに、実務上重要な意義を有する判例といえます。

全文を読む(外部サイト、PDF:673KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Restructuring Legal Updateのバックナンバー・配信登録

松本渉の最近の著書・論文

2018年3月

書籍

『M&Aリスク管理の最前線――国内外の最新実務』(共著)

商事法務

2017年9月

論文

M&A実務におけるリスク対応の潮流II(1)英国ディストレストM&Aと日本への示唆

旬刊商事法務 2017年9月5日号(No.2143)

2016年2月

書籍

『ニューホライズン 事業再生と金融』(共著)

商事法務

2015年9月

論文

英国におけるワークアウトの実情(共著)

国際商事法務 2015年10月号(Vol.43 No.10)

2015年7月

書籍

『不祥事対応ベストプラクティス――実例から読み解く最新実務』(執筆者)

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2021年5月

書籍

『伊藤眞古稀後著作集 民事司法の地平に向かって』

商事法務

伊藤眞

2021年4月

対談・座談会録

座談会「ウイズコロナにおいて地域金融機関および専門家が果たすべき役割」

金融法務事情 2021年4月25日号(No. 2160)

鐘ヶ江洋祐(座談会)

2021年4月

その他

シンガポール:DIP型再建手続(スキーム・オブ・アレンジメント)とDIPファイナンス(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

酒井嘉彦