• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2015年の著書・論文 > The Olympus effect? Recent changes to whistleblower law regime

ここから本文です。

The Olympus effect? Recent changes to whistleblower law regime

その他

著者等

塩崎彰久(共著)

書籍名・掲載誌

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

出版社

Globe Business Publishing Ltd

業務分野

コーポレートガバナンス危機管理・不祥事対応・コンプライアンス

詳細

論文を読む(PDF:170KB)

This article was originally edited by, and first published on, www.internationallawoffice.com.

塩崎彰久の最近の著書・論文

2021年7月

その他

The Olympics are coming. COVID infections are rising. Was Japan’s strategy the right one?(コメント)

Los Angeles Times(ロサンゼルスタイムズ紙)2021年7月15日

2021年2月

その他

新型コロナ・原発事故で政府の対応を民間が「検証」。弁護士はどう関わったのか。

ハフポスト日本版

2021年2月

インタビュー

新型コロナ、日本政府の危機対応は「結果オーライ」。第3波への警鐘鳴らした弁護士の思い(インタビュー)

ハフポスト日本版

2021年2月

書籍

『サイバーセキュリティ法務』(共編著)

商事法務

2020年10月

その他

「次はもう効かない…」民間臨調が迫った新型コロナ「日本モデル」の功罪

PRESIDENT Onlineウェブサイト内

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

平時の上場親子会社間取引の公正性確保に向けたガバナンス対応〔上〕─東証一部上場子会社の実例を参考として─

旬刊商事法務 2021年9月15日号(No.2273)

粟谷翔髙見柊(共著)

2021年9月

書籍

『株主間契約・合弁契約の実務』

中央経済社

藤原総一郎(編著)
大久保圭大久保涼笠原康弘粟谷翔加藤嘉孝宇治佑星(共著)

2021年7月

ニュースレター

EUにおけるサプライチェーン等の強制労働のリスクに関するデュー・ディリジェンスガイダンスの発出

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第56号(2021年7月)

福原あゆみ

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

2021年コーポレートガバナンスの現在地(14)プラスの効果を目指すコンプライアンス体制の整備

旬刊商事法務 2021年9月25日号(No.2274)

三笘裕

2021年8月

論文

監査役等が押さえるべきコンプライアンス・リスクマネジメントの基本

月刊監査役 2021年9月号(No.725)

深水大輔郡司幸祐(共著)

2021年7月

ニュースレター

米国輸出管理規制アップデート~エンティティ・リストの更新~

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第60号(2021年7月)

塚本宏達下村祐光(共著)