• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2015年の著書・論文 > 「CIETAC 上海分会」ならどこで仲裁?―最高人民法院による仲裁機関の管轄に関する最新司法解釈

ここから本文です。

「CIETAC 上海分会」ならどこで仲裁?―最高人民法院による仲裁機関の管轄に関する最新司法解釈

ニュースレター

著者等

若江悠

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第29号(2015年8月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

国際仲裁アジア中国

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
1.2012年以降のCIETACの分裂
「中国国際経済貿易仲裁委員会」(China International Economic and Trade Arbitration Commission, CIETAC)は、国際商事仲裁を取り扱う中国の代表的な仲裁機関であり、中国企業と外国企業の間の契約紛争や中国に設立された中外合弁企業をめぐる紛争などを中心に、その取扱件数は毎年千件以上にのぼっている。しかし、2012年におけるCIETAC 規則の改正過程において、当時の上海分会及び華南分会が本部による支配強化を嫌ったことから、本部とそれら分会との間の対立が深刻化した。同年8月には、本部側は、それら分会による案件受理権限を剥奪すると発表し、別途独自に上海と深センに自前の連絡所を設置した一方、それら分会側は、それぞれ本部からの独立を宣言し、分裂が決定的になった。その後、旧上海分会は2013年4月8日に「上海国際経済貿易仲裁委員会」(Shanghai International Economic and Trade Arbitration CommissionあるいはShanghai International Arbitration Center, SHIAC)へと、旧華南分会は 2012年10月22日に「華南国際経済貿易仲裁委員会」(South China International Economic and Trade Arbitration CommissionあるいはShenzhen Court of International Arbitration, SCIA)へとそれぞれ名称を変更し、両機関は、現地の司法当局からお墨付きを得て、CIETACとは独立した仲裁機関として活動している。一方、CIETACは2014年12月、新たな上海分会及び華南分会を独自に設置している。

全文を読む(外部サイト、PDF:576KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

若江悠の最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

2021年3月

その他

中国:輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(5)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年3月

その他

中国:輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(1)~(4)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年12月

ニュースレター

輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(下)(中国)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第93号(2020年12月)

2020年12月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~中国編(共著)

NO&T Client Alert(2020年12月3日号)

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

シンガポール:シンガポール国際仲裁の最新動向 2021(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

青木大

2021年5月

論文

Global Arbitration Review - The Guide to Challenging and Enforcing Arbitration Awards - Second Edition Part II (Challenging and Enforcing Arbitration Awards: Jurisdictional Know-How) Chapter 29 Japan

青木大大野崇(共著)

2021年5月

論文

Does a Right to a Physical Hearing Exist in International Arbitration? - National Reports 「Japan」

ICCA Projects

小原淳見梅澤舞エンニャー・シュー(共著)

アジアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人

中国に関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

その他

中国独禁法 ネット企業の摘発加速

日本経済新聞 2021年6月7日 朝刊17面「国際法務ワンポイント」

鹿はせる(コメント)

2021年5月

その他

中国:知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫