• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > 公正・迅速な裁判手続の実現に向けて(タイ)

ここから本文です。

公正・迅速な裁判手続の実現に向けて(タイ)

ニュースレター

著者等

箕輪俊介

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第36号(2016年3月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

海外紛争(争訟)対応アジアタイ

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
国際的な取引を行うにあたり、紛争解決地をどこにするかは常に悩ましい問題のひとつである。紛争解決地を決定するにあたり、紛争解決に要するコストに加え、紛争解決機関の審理の公正性やスピードは一つの重要な要素であるが、タイの裁判所も、より公正で迅速な裁判手続を実現するために様々な司法制度改革に取り組んでいる。この取り組みの一環として、タイの裁判制度において重要な制度変更が近時いくつかなされたので、本稿にて紹介したい。

全文を読む(外部サイト、PDF:674KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

箕輪俊介の最近の著書・論文

2021年5月

その他

タイ:IPOの復活に伴うタイにおける卸売業と外資規制の現状(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年4月

ニュースレター

IPOの復活に伴うタイにおける卸売業と外資規制の現状

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第97号(2021年4月)

2021年3月

その他

タイ:ヘルスケア分野におけるBOIの投資恩典の拡充(臨床研究)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年3月

その他

タイ:ヘルスケア分野におけるBOIの投資恩典の拡充(高齢者向け施設・サービス)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年3月

その他

タイ:タイにおけるSDGs関連法案・温暖化対策関連法案の現状

商事法務ポータル「アジア法務情報」

海外紛争(争訟)対応に関する最近の著書・論文

2021年5月

インタビュー

「人権リスク」が日本企業の急所に

選択 2021年5月号

佐藤安信(インタビュー)

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

2020年11月

ニュースレター

シンガポールからみた日本仲裁法の改正 ―仲裁廷による暫定保全措置についての考察

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

青木大

アジアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人

タイに関する最近の著書・論文

2021年5月

その他

タイ:IPOの復活に伴うタイにおける卸売業と外資規制の現状(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

2021年4月

ニュースレター

IPOの復活に伴うタイにおける卸売業と外資規制の現状

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第97号(2021年4月)

箕輪俊介

2021年3月

その他

タイ:タイにおける電子署名・脱ハンコの現状(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

佐々木将平