• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > 倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する 第3回 信用不安時の対応(2)―相殺による回収

ここから本文です。

倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する 第3回 信用不安時の対応(2)―相殺による回収

論文

著者等

鐘ヶ江洋祐大川剛平(共著)

書籍名・掲載誌

法学教室 2016年6月号(No.429)

出版社

有斐閣

備考

「倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する」連載情報はこちら

業務分野

事業再生・倒産

鐘ヶ江洋祐の最近の著書・論文

2020年5月

論文

企業買収実務研究会報告 倒産局面でのスポンサー選定における再生債務者等の行為規範(上)(下) ――DESの擬制を通じた平常時のM&A取引との比較の観点から――(共著)

金融・商事判例 2020年5月1日号(No.1590) 金融・商事判例 2020年5月15日号(No.1591)

2020年4月

論文

Coronavirus (COVID-19)-Tweaks to ground operations for bankruptcy proceedings in Japan in light of COVID-19 (共著)

2020年4月

論文

Corporate Restructuring & Insolvency in Asia 2020 - JAPAN(共著)

2019年11月

書籍

『破産管財の実務【第3版】』(共著)

金融財政事情研究会

2018年11月

書籍

『続・事業再生とバイアウト』(共著)

中央経済社

大川剛平の最近の著書・論文

2020年7月

論文

新型コロナ対応で倒産・再生弁護士に求められること(共著)

金融法務事情 2020年7月25日号(No.2142)

2020年6月

論文

緊急事態宣言解除後における中小企業・大企業の事業及び取引関係維持に関する横断的検討 ―事業再生実務家の視点から―(共著)

NBL 2020年6月1日号(No.1171)

2019年1月

その他

賃金協定及び引き抜き禁止協定に関する米国独禁当局の指針とその後の動き(共著)

国際商事法研究所ウェブサイト内 国際ビジネス法エグゼクティヴ・サマリー

2017年6月

書籍

『倒産債権の届出・調査・確定・弁済・配当マニュアル』(共著)

三協法規出版

2016年9月

論文

倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する 第7回 倒産時における契約関係の処理―双方未履行双務契約の解除・履行選択(共著)

法学教室 2016年10月号(No.433)

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2020年10月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~タイ編

NO&T Client Alert(2020年10月15日号)

佐々木将平箕輪俊介(共著)

2020年10月

ニュースレター

倒産処理・債務整理手続に関する法改正に向けた動き(マレーシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第91号(2020年10月)

酒井嘉彦

2020年10月

書籍

『会社更生法・特別清算法』

有斐閣

伊藤眞