• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > アメリカ合衆国最高裁判例評釈(1)行政庁による表示規制と民事訴訟を通じた不正競争の被害救済との関係―合衆国最高裁2014年6月12日判決の解説―

ここから本文です。

アメリカ合衆国最高裁判例評釈(1)行政庁による表示規制と民事訴訟を通じた不正競争の被害救済との関係―合衆国最高裁2014年6月12日判決の解説―

論文

著者等

市川瑛里子

書籍名・掲載誌

知財研フォーラム 2016 Spring (Vol.105)

出版社

知的財産研究所

業務分野

海外紛争(争訟)対応北米・中南米知財争訟消費者関連法(消費者訴訟)

市川瑛里子の最近の著書・論文

2015年9月

論文

「電力先物市場協議会」報告書の解説

NBL 2015年9月1日号(No.1057)

2015年5月

論文

商品先物取引法施行規則の一部を改正する省令(勧誘規制の見直し)の解説(共著)

NBL 2015年5月15日号(No.1050)

2015年4月

書籍

『株式交換・株式移転ハンドブック』(執筆協力)

商事法務

2013年10月

論文

メガソーラー・プロジェクトにおける用地確保に関する諸問題(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.15 (September-October 2013)

海外紛争(争訟)対応に関する最近の著書・論文

2021年5月

インタビュー

「人権リスク」が日本企業の急所に

選択 2021年5月号

佐藤安信(インタビュー)

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

2020年11月

ニュースレター

シンガポールからみた日本仲裁法の改正 ―仲裁廷による暫定保全措置についての考察

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

青木大

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

米でAI規制強化、摘発事例も 利用企業に説明責任

日本経済新聞電子版 2021年6月9日「Nikkei Views」

殿村桂司(コメント)

2021年5月

その他

経済安保、知っておきたい3テーマ

日経ヴェリタス 2021年5月23日号 9面

大久保涼(コメント)

2021年4月

ニュースレター

特別管轄権に関する近時の連邦最高裁の判断について(Ford Motor Co. v. Montana Eighth Judicial District Court事件の紹介)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第58号(2021年4月)

塚本宏達佐藤恭平(共著)

知財争訟に関する最近の著書・論文

2021年5月

その他

中国:知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2021年5月

ニュースレター

知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第98号(2021年5月)

李紅

2021年4月

論文

標準必須特許を巡るライセンス交渉・紛争に関する近時のデュッセルドルフ地方裁判所の決定とその示唆(下)

JCAジャーナル 2021年4月号(第68巻4号)

東崎賢治羽鳥貴広(共著)

消費者関連法(消費者訴訟)に関する最近の著書・論文

2021年5月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Consumer Protection 2021 第10章「Japan」

森大樹梅澤舞(共著)

2021年4月

論文

Consumer contracts Q&A: Japan

Cross-border commercial transactions - Practice notes

森大樹梅澤舞(共著)

2021年4月

論文

The Class Actions Law Review - Edition 5 JAPAN

森大樹渡邉亜紀小林菜摘(共著)