• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > 倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する 第7回 倒産時における契約関係の処理―双方未履行双務契約の解除・履行選択

ここから本文です。

倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する 第7回 倒産時における契約関係の処理―双方未履行双務契約の解除・履行選択

論文

著者等

鐘ヶ江洋祐大川剛平(共著)

書籍名・掲載誌

法学教室 2016年10月号(No.433)

出版社

有斐閣

備考

「倒産実務の基礎―債権者の視点で整理する」連載情報はこちら

業務分野

事業再生・倒産

鐘ヶ江洋祐の最近の著書・論文

2020年10月

論文

米国子会社について法的倒産手続を検討する場合のポイント

経営法友会リポート 2020年11月号 (No.561)

2020年5月

論文

企業買収実務研究会報告 倒産局面でのスポンサー選定における再生債務者等の行為規範(上)(下) ――DESの擬制を通じた平常時のM&A取引との比較の観点から――(共著)

金融・商事判例 2020年5月1日号(No.1590) 金融・商事判例 2020年5月15日号(No.1591)

2020年4月

論文

Coronavirus (COVID-19)-Tweaks to ground operations for bankruptcy proceedings in Japan in light of COVID-19 (共著)

2020年4月

論文

Corporate Restructuring & Insolvency in Asia 2020 - JAPAN(共著)

2019年11月

書籍

『破産管財の実務【第3版】』(共著)

金融財政事情研究会

大川剛平の最近の著書・論文

2021年1月

論文

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)包括担保についての検討(共著)

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

2020年12月

論文

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第3回)事業担保についての検討、包括担保についての検討(共著)

NBL 2020年12月15日号(No.1184)

2020年7月

論文

新型コロナ対応で倒産・再生弁護士に求められること(共著)

金融法務事情 2020年7月25日号(No.2142)

2020年6月

論文

緊急事態宣言解除後における中小企業・大企業の事業及び取引関係維持に関する横断的検討 ―事業再生実務家の視点から―(共著)

NBL 2020年6月1日号(No.1171)

2019年1月

その他

賃金協定及び引き抜き禁止協定に関する米国独禁当局の指針とその後の動き(共著)

国際商事法研究所ウェブサイト内 国際ビジネス法エグゼクティヴ・サマリー

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2021年1月

論文

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)包括担保についての検討

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

大川剛平(共著)

2021年1月

その他

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)コメント「三方一両損――UCCと連邦破産法との関係を参考として」

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

伊藤眞(コメント)

2021年1月

その他

『民事裁判の法理と実践―加藤新太郎先生古稀祝賀論文集』(三木浩一=山本和彦=松下淳一=村田渉 編)

判例時報 2021年1月11日号(2462号)

伊藤眞(書評)