• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2016年の著書・論文 > 平成29年度税制改正で大きく変わる業績連動型株式報酬

ここから本文です。

平成29年度税制改正で大きく変わる業績連動型株式報酬

ニュースレター

著者等

新木伸一斉藤元樹(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2016年12月9日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
本年12月8日に、与党による平成29年度税制改正大綱(以下「大綱」)が公表された。大綱では、本年度税制改正で認められたばかりの業績連動型株式報酬(以下「パフォーマンス・シェア」又は「Performance Share」)の損金算入の仕組みについて大きな変更が加えられ、実務への影響が大きいことが予想される。
また、業績連動型の退職給与(株式交付信託を含む)や税制非適格ストック・オプションについても、損金算入要件が厳しくなる点も要注意である。

全文を読む(外部サイト、PDF:720KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

新木伸一の最近の著書・論文

2021年8月

その他

海外で目立つ、親会社と切り離す「スピンオフ」成長に一役、国内普及には税の壁(コメント)

日経ヴェリタス 2021年8月15日号 9面

2021年2月

書籍

『Before/After 会社法改正』(共著)

弘文堂

2021年2月

書籍

『実務解説 改正会社法 <第2版>』(共著)

弘文堂

2020年6月

書籍

『実務解説 改正会社法』(共著)

弘文堂

2020年4月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報・その2)(共著)

NO&T Client Alert(2020年4月30日号)

斉藤元樹の最近の著書・論文

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(下)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第72号(2021年8月)

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(中)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第71号(2021年8月)

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(上)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第70号(2021年8月)

2021年5月

ニュースレター

東証の市場区分の見直しの最新動向 ~流通株式・各社における今後のTo Do~(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第68号(2021年5月)

2021年3月

論文

<2021年3月期>新型コロナウイルス感染拡大を受けた有価証券報告書及び事業報告の留意事項と事例分析(共著)

資料版/商事法務 2021年3月号(No.444)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年9月

その他

マレーシア:会社の実質的保有者届出規制とノミニースキーム再検証の動き(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年9月

書籍

『株主間契約・合弁契約の実務』

中央経済社

藤原総一郎(編著)
大久保圭大久保涼笠原康弘粟谷翔加藤嘉孝宇治佑星(共著)

2021年9月

その他

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

日本経済新聞電子版 2021年9月1日「Nikkei Views」

大久保涼(コメント)