• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入

ここから本文です。

平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入

ニュースレター

著者等

門田正行新木伸一(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2017年3月17日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成29年3月3日付けで、金融商品取引法の改正法案(以下「法案」)が国会に提出された。法案では、上場株券の発行者等が未公表の重要情報を投資家等に提供する場合に、当該情報が他の投資家にも提供されることを確保するルール(以下「フェア・ディスクロージャー・ルール」または「本ルール」)の新設が盛り込まれている。本ルールの詳細は、政令および内閣府令案が公表されるのを待つ必要があるが、上場会社および上場投資法人の実務に少なからぬ影響があると予想される。

全文を読む(外部サイト、PDF:865KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

門田正行の最近の著書・論文

2021年8月

ニュースレター

社債権者集会の実務 ~2021年末LIBOR公表停止に備えた社債要項の見直し~(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第73号(2021年8月)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2016年1月

書籍

『アドバンス 会社法』(執筆担当)

商事法務

2015年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2015 Japan(共著)

2014年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2014 Japan(共著)

新木伸一の最近の著書・論文

2021年8月

その他

海外で目立つ、親会社と切り離す「スピンオフ」成長に一役、国内普及には税の壁(コメント)

日経ヴェリタス 2021年8月15日号 9面

2021年2月

書籍

『Before/After 会社法改正』(共著)

弘文堂

2021年2月

書籍

『実務解説 改正会社法 <第2版>』(共著)

弘文堂

2020年6月

書籍

『実務解説 改正会社法』(共著)

弘文堂

2020年4月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報・その2)(共著)

NO&T Client Alert(2020年4月30日号)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年10月

論文

Chambers Global Practice Guides Alternative Funds 2021 Japan - Law & Practice

清水啓子吉村浩一郎(共著)

2021年10月

ニュースレター

債権譲渡の第三者対抗要件具備について確定日付のある証書による通知・承諾を不要とする特例措置

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第76号(2021年10月)

月岡崇

2021年10月

論文

Japan’s Ministry of Justice begins study on proposed amendment of security legislation

International Financial Law Review ウェブサイト内 International Briefings: Japan

萩原智治