• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 預貯金債権の相続に関する最高裁大法廷決定と金融機関実務への影響について

ここから本文です。

預貯金債権の相続に関する最高裁大法廷決定と金融機関実務への影響について

ニュースレター

著者等

水野大戸田祥太(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第43号(2017年4月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス民事・商事争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成28年12月19日、最高裁判所大法廷は、被相続人が生前有していた預貯金債権は相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割され、各相続人に帰属するとしていた従来の判例(最判平成16年4月20日集民214号13頁)を変更し、預貯金債権が遺産分割の対象となることを示した(以下、平成28年12月19日の大法廷決定を「本決定」という。)。

全文を読む(外部サイト、PDF:425KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

水野大の最近の著書・論文

2020年12月

論文

Chambers Global Practice Guides Banking Regulation 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2020年4月

ニュースレター

ブロックチェーン技術を利用した初の会社法上の社債(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第54号(2020年4月)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

ニュースレター

LIBOR公表停止への備え ―市中協議文書の公表を機に―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第48号(2019年7月)

2019年2月

論文

分散台帳技術を用いた証券取引(共著)

ジュリスト 2019年3月号(No.1529)

戸田祥太の最近の著書・論文

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

2018年5月

論文

投資協定仲裁判断例研究(100)ICSID条約の廃棄によるjurisdiction ratione voluntatisへの影響、及び信託受託者の「投資家」該当性

JCAジャーナル 2018年5月号(第65巻5号)

2017年5月

論文

投資協定仲裁判断例研究(89)UNCITRAL仲裁手続における「投資財産」概念、株式取得による間接投資の保護及び国有企業による行為の国家への帰属

JCAジャーナル 2017年5月号(第64巻5号)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年3月

その他

シンガポール:シンガポールにおけるAML/CFT(マネー・ロンダリング/テロ資金供与対策)法制のポイント(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年3月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(4・完)金融商品取引法上の開示不正・不公正取引

旬刊商事法務 2021年3月15日号(No.2257)

垰尚義工藤靖(共著)

2021年3月

ニュースレター

非上場株式の投資に関する現状と法的課題

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第62号(2021年3月)

宮下優一鈴木雅博脇田隼輔(共著)

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年2月

書籍

『サイバーセキュリティ法務』

商事法務

塩崎彰久工藤靖(共編著)
萩原智治藤岡秀章丸田颯人(共著)

2021年1月

論文

The Banking Litigation Law Review - Edition 4 JAPAN

塚本宏達海老沢宏行(共著)

2020年12月

書籍

『民事訴訟法 第7版』

有斐閣

伊藤眞