• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 2015年版Code下における「意図的」概念と体内侵入経路の関係

ここから本文です。

2015年版Code下における「意図的」概念と体内侵入経路の関係

その他

著者等

山内貴博(共著)

出版社

ドーピング仲裁研究委員会・ワーキンググループ(WG)

書籍名・掲載誌

日本スポーツ仲裁機構ウェブサイト内(PDF:1.12MB)

業務分野

メディア・エンタテインメント・スポーツ

山内貴博の最近の著書・論文

2021年3月

その他

研究報告書『2015年Code下におけるCAS仲裁判断集』(共著)

日本アンチ・ドーピング機構ウェブサイト内

2020年10月

その他

DX、中小には"もろ刃"!? 情報流出リスク高まる(コメント)

日刊工業新聞 2020年10月15日

2020年7月

論文

知的財産実務の最前線(第2回)知的財産訴訟における証拠収集の最前線とその限界――営業秘密の侵害事件を題材に(共著)

NBL 2020年7月1日号(No.1173)

2019年6月

論文

実務 知財判例研究会(第4回)営業秘密侵害に関する訴えの準拠法についての一考察――知財高判平成30・1・15(平成29年(ネ)第10076号)判タ1452号80頁を踏まえて(共著)

NBL 2019年6月15日号(No.1148)

2019年3月

論文

ノンフィクションの類似性〔風にそよぐ墓標事件:控訴審〕

『著作権判例百選 第6版』(別冊ジュリスト No.242)

メディア・エンタテインメント・スポーツに関する最近の著書・論文

2021年3月

その他

研究報告書『2015年Code下におけるCAS仲裁判断集』

日本アンチ・ドーピング機構ウェブサイト内

山内貴博(共著)

2020年11月

論文

Chambers Global Practice Guides Gaming Law 2020 Japan - Law & Practice

福田政之

2020年11月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Gambling 2021 第19章「Japan」

福田政之