• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 最高裁平成28年10月18日判決と弁護士会照会をめぐる金融機関の対応について

ここから本文です。

最高裁平成28年10月18日判決と弁護士会照会をめぐる金融機関の対応について

ニュースレター

著者等

水野大大橋史明(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第44号(2017年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス民事・商事争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成28年10月18日、最高裁判所は、弁護士法第23条の2第2項に基づく照会(以下「弁護士会照会」という)の報告を拒否された弁護士会が、照会先に対して不法行為に基づき損害賠償を求めた事案において、弁護士会照会に対する報告を受けることについて弁護士会が法律上保護される利益を有するものではないことを理由に、弁護士会の請求を棄却した(以下「本判決」という)。

全文を読む(外部サイト、PDF:575KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

水野大の最近の著書・論文

2020年12月

論文

Chambers Global Practice Guides Banking Regulation 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2020年4月

ニュースレター

ブロックチェーン技術を利用した初の会社法上の社債(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第54号(2020年4月)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

ニュースレター

LIBOR公表停止への備え ―市中協議文書の公表を機に―

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第48号(2019年7月)

2019年2月

論文

分散台帳技術を用いた証券取引(共著)

ジュリスト 2019年3月号(No.1529)

大橋史明の最近の著書・論文

2019年8月

論文

Amendment to the act on prevention of transfer of criminal proceeds

International Financial Law Review 2019年8月/9月号 International Briefings: Japan

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年7月

その他

金融商品取引法上の行政調査への対応と弁護士・依頼者間秘匿特権について

商事法務ポータル「アジア法務情報」

垰尚義工藤靖(共著)

2021年7月

ニュースレター

日本の社会的課題を踏まえたソーシャルボンドガイドラインの策定

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第69号(2021年7月)

宮下優一水越恭平(共著)

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

Underwriters' liability for false statements made in IPO

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

ジョン・レイン大野崇(共著)

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

伊藤眞

2021年5月

書籍

『コンメンタール民事訴訟法1[第3版]』

日本評論社

伊藤眞(共著)