• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 「国境を跨ぐ侵害行為」に対するあるべき規律 ―実務家の視点から―

ここから本文です。

「国境を跨ぐ侵害行為」に対するあるべき規律 ―実務家の視点から―

論文

著者等

山内貴博

書籍名・掲載誌

IPジャーナル 2017年9月号(vol.2)

出版社

知的財産研究教育財団

業務分野

知財関連取引

山内貴博の最近の著書・論文

2019年6月

論文

実務 知財判例研究会(第4回)営業秘密侵害に関する訴えの準拠法についての一考察――知財高判平成30・1・15(平成29年(ネ)第10076号)判タ1452号80頁を踏まえて(共著)

NBL 2019年6月15日号(No.1148)

2019年3月

論文

ノンフィクションの類似性〔風にそよぐ墓標事件:控訴審〕

『著作権判例百選 第6版』(別冊ジュリスト No.242)

2018年10月

論文

平成30年改正不正競争防止法への実務的対応

ジュリスト 2018年11月号(No.1525)

2018年9月

論文

「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」平成30年改訂のポイント(共著)

Business Law Journal 2018年11月号(No.128)

2017年7月

論文

特許権侵害訴訟の国際裁判管轄

ジュリスト 2017年8月号(No.1509)

知財関連取引に関する最近の著書・論文

2019年12月

その他

ミャンマー:商標法の施行に向けた動き

商事法務ポータル「アジア法務情報」

松本岳人

2019年11月

その他

マレーシア:マドリッド協定議定書への加盟及び商標法の改正

商事法務ポータル「アジア法務情報」

松本岳人

2019年11月

対談・座談会録

座談会「柔軟な権利制限規定の活用により期待される新たなサービスとイノベーション」

月刊コピライト 2019年11月号(No.703)

澤田将史(座談会)