• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 「顧客本位の業務運営に関する原則」(フィデューシャリー・ルール)と今後の実務への影響について

ここから本文です。

「顧客本位の業務運営に関する原則」(フィデューシャリー・ルール)と今後の実務への影響について

ニュースレター

著者等

酒井敦史、原田真紀子(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第45号(2017年10月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
平成29年7月28日、金融庁ホームページ において「顧客本位の業務運営に関する原則」(以下「本原則」という。)を採択し、取組方針を公表した金融事業者のリストの公表(第1回)が行われた。同ホームページによれば、平成29年6月末日までに本原則を採択し、取組方針を公表した金融事業者は、合計469社(内訳は、都市銀行等50社、地方銀行等101社、保険会社等74社、金融商品取引業者等238社など。)とされている。銀行等については採択が進んでいる一方、金融商品取引業者等においては未だ検討段階にあるところが多いものと見受けられる。

全文を読む(外部サイト、PDF:561KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

酒井敦史の最近の著書・論文

2019年12月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―金融審議会の報告の内容―(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第51号(2019年12月)

2019年12月

論文

投資一任業務と一種業・二種業の関係(共著)

旬刊商事法務 2019年12月15日号(No.2217)

2019年11月

論文

ソーシャルレンディングにも適用、二種業協会の自主規制の概要

週刊金融財政事情 2019年11月11日(No.3331)

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2019年7月

論文

集団投資スキーム持分から除外されるための全員関与要件とベンチャー投資ファンド(共著)

旬刊商事法務 2019年7月15日号(No.2204)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

東証の新市場区分の概要と実務上の留意点 ~「市場第一部」等は廃止され、新市場区分へ移行準備が必要に~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第53号(2020年3月)

木村聡輔水越恭平(共著)

2020年2月

ニュースレター

政策保有株式の開示と売却

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第52号(2020年2月)

宮下優一

2020年1月

書籍

『SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 投資スキームの実際例と実務上の問題点 第7版』

清文社

石井裕樹(共著)