• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 個人情報漏洩にかかる訴訟における原告適格―Clapper判決及びSpokeo判決以降の連邦裁判所の裁判例に照らして

ここから本文です。

個人情報漏洩にかかる訴訟における原告適格―Clapper判決及びSpokeo判決以降の連邦裁判所の裁判例に照らして

ニュースレター

著者等

塚本宏達逵本麻佑子(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T U.S. Law Update 第36号(2017年10月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンス民事・商事争訟個人情報保護・プライバシー北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
日米を問わず、近年、個人情報の漏洩事案が頻繁に報道されています。つい先日も米国大手信用調査機関の個人情報漏洩事案がトップニュースとして報じられたばかりですが、米国で大規模な個人情報の漏洩事案が世間を騒がせ続けているのはご承知のことかと思います。米国では、従業員や顧客の個人情報が漏洩した場合、当該従業員や顧客から個人情報を保有していた企業に対して、個人情報の管理に不備があった等としてクラス・アクションが提起されることが一般的です。これは、通常一件の漏洩事故により多数の人々の個人情報が漏洩し、潜在的なクラスメンバーが多数に上るため、原告側弁護士が多額の和解金額を勝ち取ることができることによります。

全文を読む(外部サイト、PDF:769KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T U.S. Law Updateのバックナンバー・配信登録

塚本宏達の最近の著書・論文

2021年1月

ニュースレター

米国輸出管理規制アップデート~エンティティ・リストの更新とFAQsの公表~(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第53号(2021年1月)

2021年1月

論文

The Banking Litigation Law Review - Edition 4 JAPAN(共著)

2020年7月

ニュースレター

米国政府によるHUAWEI製品等の排除~国防権限法889条の施行~(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第50号(2020年7月)

2020年6月

ニュースレター

ニューヨーク州におけるデータセキュリティ~SHIELD Actの施行~(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第48号(2020年6月)

2020年5月

ニュースレター

基本定款における連邦裁判所管轄条項の有効性を認めたデラウェア州最高裁判決(Blue Apron事件判決)(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第47号(2020年5月)

逵本麻佑子の最近の著書・論文

2020年12月

ニュースレター

コロナ下におけるMAE条項及びOperating Covenantに関するデラウェア州裁判所初の判断(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第52号(2020年12月)

2020年10月

ニュースレター

CFIUSに対する義務的届出要件の改正にかかる最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第51号(2020年10月)

2020年6月

ニュースレター

CFIUSに対する義務的届出要件の改正(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第49号(2020年6月)

2020年5月

論文

中国・米国・欧州における新型コロナウイルス感染症に関する法務対応(共著)

NBL 2020年5月15日号(No.1170)

2020年2月

ニュースレター

FIRRMA施行にかかるCFIUS最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第46号(2020年2月)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年2月

その他

法律事務所、サイバー攻撃の標的に サイバー脅威の対策強化

日本経済新聞 2021年2月22日 朝刊13面

杉本文秀(コメント)

2021年2月

インタビュー

新型コロナ、日本政府の危機対応は「結果オーライ」。第3波への警鐘鳴らした弁護士の思い

ハフポスト日本版

塩崎彰久(インタビュー)

2021年2月

その他

新型コロナ・原発事故で政府の対応を民間が「検証」。弁護士はどう関わったのか。

ハフポスト日本版

塩崎彰久

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年2月

書籍

『サイバーセキュリティ法務』

商事法務

塩崎彰久工藤靖(共編著)
萩原智治藤岡秀章丸田颯人(共著)

2021年1月

論文

The Banking Litigation Law Review - Edition 4 JAPAN

塚本宏達海老沢宏行(共著)

2020年12月

書籍

『民事訴訟法 第7版』

有斐閣

伊藤眞

個人情報保護・プライバシーに関する最近の著書・論文

2021年2月

ニュースレター

中国個人情報保護法(草案)の概要

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第3号(2021年2月)

川合正倫鈴木章史(共著)

2021年1月

ニュースレター

個人情報保護法施行令・施行規則の改正案について

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第2号(2021年1月)

森大樹

2020年12月

ニュースレター

個人情報保護法の改正(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第93号(2020年12月)

松本岳人

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年2月

論文

米国連邦政府によるTikTok・WeChat規制に対する訴訟の概要

ビジネス法務 2021年4月号

大久保涼長谷川紘(共著)

2021年2月

ニュースレター

バイデン政権下における企業結合法制のエンフォースメントの動向及び直近のHSR法に関するFTCからの発表

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第54号(2021年2月)

大久保涼北川なつ子(共著)

2021年1月

ニュースレター

米国輸出管理規制アップデート~エンティティ・リストの更新とFAQsの公表~

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第53号(2021年1月)

塚本宏達下村祐光(共著)