• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2017年の著書・論文 > 建設業界支払保全法(SOP法)に基づく裁定制度の現況(シンガポール)

ここから本文です。

建設業界支払保全法(SOP法)に基づく裁定制度の現況(シンガポール)

ニュースレター

著者等

青木大

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第57号(2017年12月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

国際仲裁建設・インフラストラクチャーアジアシンガポール

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
建設請負業務に際しては、キャッシュフローの確保のため、発注者による出来高払い(Progress Payment)の支払をいかに適時に得るかというのが極めて重要となる。しかし、工事の遅れや施工状況への不満等を理由とするものを含め、発注者が支払を遅延する、あるいはその一部しか支払わないといった事態は日常的に起こり得る。そのような不払いを仲裁や裁判で争うことも可能であるが、それでは時間がかかりすぎる可能性があり、工期途中でそのような本格的な紛争を開始することに躊躇を覚える請負者も多い。

全文を読む(外部サイト、PDF:859KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年8月

その他

CPTPP and ISDS: Three Years On

Wolters Kluwer ウェブサイト内「Kluwer Arbitration Blog」

青木大ウェイジャン・テオ(共著)

2021年7月

論文

ロシア連邦の仲裁制度改革―その成果と問題点(上)

JCAジャーナル 2021年7月号(第68巻7号)

小田博

2021年7月

その他

The Rise of Japan Arbitration: A Balance to the Common Law Forces of International Arbitration in Asia?

Wolters Kluwer ウェブサイト内「Kluwer Arbitration Blog」

ウェイジャン・テオ岩田裕介(共著)

建設・インフラストラクチャーに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Rail Transport 2022 Japan

井口直樹

2021年8月

その他

ベトナム:PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年7月

ニュースレター

PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

澤山啓伍

アジアに関する最近の著書・論文

2021年9月

ニュースレター

台湾の再生可能エネルギーの最近の動向

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

德地屋圭治

2021年9月

ニュースレター

新しい環境保護法下における拡大生産者責任(EPR)(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

中川幹久

2021年9月

ニュースレター

インドの上場規則の改正

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

山本匡

シンガポールに関する最近の著書・論文

2021年7月

その他

シンガポール:店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

松本岳人

2021年7月

論文

ニューノーマルに向けた地域統括拠点としての法務対応

月報 2021年7月号(No.608)

福井信雄

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人