• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2012年の著書・論文 > 住民訴訟の対象とされている損害賠償請求権を放棄する旨の議決の適法性――最二小判平成24・4・23

ここから本文です。

住民訴訟の対象とされている損害賠償請求権を放棄する旨の議決の適法性――最二小判平成24・4・23

論文

著者等

吉村浩一郎

書籍名・掲載誌

ジュリスト 2012年8月号(No.1444)

出版社

有斐閣

業務分野

税務争訟

吉村浩一郎の最近の著書・論文

2020年2月

講演録

租税条約濫用防止措置としての主要目的テスト(講演録)

租税研究 2020年2月号(第844号)

2019年12月

論文

バイアウト・ファンドの組成に関する論点 ~ストラクチャー上の法務および税務の論点を中心に~(共著)

日本バイアウト市場年鑑―2019年上半期版―

2019年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Tax Controversy 2019 Japan - Law & Practice(共著)

2019年4月

論文

条約漁りへの対抗措置―デファクト・スタンダードとしての主要目的テスト―

法の支配 No.193

2019年2月

論文

基準期間がない法人に対する消費税法9条の2第1項の適用の有無――国税不服審判所裁決平成30・2・23

ジュリスト 2019年3月号(No.1529)

税務争訟に関する最近の著書・論文

2020年3月

論文

弁護士のための租税法務 第4回 租税回避行為の否認

ジュリスト 2020年4月号(No.1543)

南繁樹

2020年3月

講演録

デジタル課税 ―Pillar 1及びPillar 2の具体的内容と将来の実務に対する影響

租税研究 2020年3月号(第845号)

南繁樹(講演録)

2020年2月

論文

OECDデジタル課税に関する大枠に関する声明(Statement)のポイント

週刊T&A master 2020年2月24日号(No.824)

南繁樹