• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > ガバナンス改革における最重要ポイント CEOの選解任基準のつくり方と留意点

ここから本文です。

ガバナンス改革における最重要ポイント CEOの選解任基準のつくり方と留意点

論文

著者等

濱口耕輔小宮慶久(共著)

書籍名・掲載誌

旬刊経理情報 2018年3月1日号(No.1505)

出版社

中央経済社

業務分野

コーポレートガバナンス

濱口耕輔の最近の著書・論文

2021年1月

論文

特集 withコロナ時代の決算の課題 20年3月期との違いはこれだ!「想定される3つのパターン 株主総会までのスケジュール」(共著)

企業会計 2021年2月号(Vol.73 No.2)

2020年11月

書籍

『論究会社法 ――会社判例の理論と実務』(共著)

有斐閣

2020年9月

論文

新M&A指針公表後の実務(共著)

M&A専門誌マール(MARR) 2020年10月号(No.312)

2020年9月

論文

2020年総会の動向と新時代の展望(2)バーチャル株主総会実務の課題と展望(共著)

旬刊商事法務 2020年9月15日号(No.2241)

2020年7月

書籍

『「公正なM&Aの在り方に関する指針」の解説』(共著)

商事法務

小宮慶久の最近の著書・論文

2019年12月

論文

最新判例アンテナ 第22回 いわゆる事前警告型買収防衛策の廃止について株主提案権の対象とはならないとした事例(共著)

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2)

2019年12月

論文

要綱からの変更点を押さえる 改正に至る経緯と施行までの見通し(共著)

ビジネス法務 2020年2月号(Vol.20 No.2) 特集2「施行までの対応事項を見通す 会社法改正条文を読む」

2019年8月

論文

最新判例アンテナ 第18回 不服申立ての機会が与えられないまま確定した外国裁判所の判決に係る訴訟手続につき,民事訴訟法118条3号の手続的公序の適合性を判断した事例(共著)

ビジネス法務 2019年10月号(Vol.19 No.10)

2019年4月

論文

最新判例アンテナ 第14回 抵当権の被担保債権が免責許可決定の効力を受ける場合において,当該抵当権自体は民法167条2項所定の20年の消滅時効にかかるとした事例(共著)

ビジネス法務 2019年6月号(Vol.19 No.6)

2018年6月

論文

指名委員会等を適切に活用する CEO選解任手続と後継者計画の策定・運用(共著)

ビジネス法務 2018年8月号(Vol.18 No.8)

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2021年5月

ニュースレター

東証の市場区分の見直しの最新動向 ~流通株式・各社における今後のTo Do~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第68号(2021年5月)

斉藤元樹宮下優一水越恭平(共著)

2021年4月

ニュースレター

【インタビュー録】USクロスボーダーM&Aの最先端実務Webinar Season4 第1回「バイデン政権下におけるCFIUSエンフォースメント」

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 特別号(2021年4月)

大久保涼逵本麻佑子(共著)

2021年4月

ニュースレター

東証の新市場区分に向けたコーポレートガバナンスの高度化

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第64号(2021年4月)

宮下優一水越恭平(共著)